にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
FC2Blog Ranking
クローン病 ブログランキングへ

健康診断
健康診断前日と当日、比較的に排便の調子がよく無事に検便が完了しました。
下痢の検便は結構取るのが大変っぽいので常時下痢のクローン病患者に取っては死活問題。

まぁ、検便は鮮血検査の為に行うためクローン病の人にとっては意味ない検査でもありますがね^^;

さて、今年は胃部レントゲンがあります。
つまりバリウムですね。

以前ブログに「IBD患者の胃部レントゲンでバリウムを飲むべきか!? 」という記事を記載したのですが、クローン病患者はバリウムを飲むと悪化する傾向があるので、問診票を出す際に

私「持病持ちで担当医に胃のバリウムを飲まないようにと言われているので胃部レントゲンはキャンセルでお願いします」

と伝えました。
看護士さんも慣れているので即答で

看護士「了解しました~」

で終わります。
その後は通常の流れとなり、以下のようになりました。

  1. 血圧
  2. 胸のレントゲン
  3. 身体測定
  4. 尿検査
  5. 視力検査
  6. 心電図
  7. 聴力検査
  8. 採血
  9. 問診


今回はそんな健康診断の一連の流れと確定ではありませんが、結果について記載したいと思います。

採血結果
今まではヒュミラ・ペンタサ(メサラジン)・エレンタールで寛解を維持してきましたが、ここ最近徐々にではありますが、腹痛・下痢の回数が昔より増している気がします。

ヒュミラを開始した時と、仕事内容や育児など生活面でも大きく変わってきており、寛解を維持していた時ほど現在は心身ともに余力は減ってきているのは確かです。

しかし、これだけでは無いような気も無きにしもあらず。

それはヒュミラを開始してから5年目に突入しようとしているからです。

何の薬でもそうですが、万能薬なんてものは存在しません。
薬の効きは人それぞれであって、同じ薬でもずっと効果が続く人もいれば合わない人もいます。
なので、

「私は~の薬の効果が続いており耐性なんて出来て無く寛解ですよ!」

という話は、実際に自分に投与してみないと分からず参考にはならないのであります。
参考する場合でもあくまでも「その人の場合」ということを認識しなければいけません。

そんな一面を含む薬「ヒュミラ」でありますが、担当医曰く昔より下痢・腹痛が増したのであれば、ヒュミラ倍量投与を検討しても良いかもしれないと提案をされました。

その問診内容はこちらです。

セブンイレブンのクローン食
クローン病は食事制限の難病であります。
そのため食事には気をつけている人も多いのではないでしょうか?

食事の気をつけるポイントとしては、以下が上げられます。

  • 脂質の量
  • 食物繊維の量


気にしすぎていると何も食べれなくなってしまいますよね。
外食すると何が入っててどの位の成分かがわからないので、クローン病の人でもコンビニはよく使うと思います。

コンビニは成分がきちんと表記されているため、比較的に安心して食べれますよね。
しかし、上記のことを気にし始めると、結局最終的にはオニギリを選択する人は多いのではないでしょうか?

今回ご紹介するのは、コンビニ(セブンイレブン)で選ぶ食物繊維と炭水化物が取れるバランス食です。

健康診断
社会人になり企業に入ると毎年恒例となる健康診断。
受けなければ総務の方々に怒られてしまうというものです。
言うなれば義務ですね。

これが地味にめんどくさいのです。
企業によっては勤務時間外に行けと言われるし…(私の会社は勤務時間内にしかいってはいけないというルールですが)

私も20代の頃は検査内容が簡単で直ぐに終わったのですが、30代後半になると検便やら心電図やら検査内容が増えてしまい時間がかかってしまいます。
やらなければいけない検査がある=年を取ってきたということでしょうかね^^;

さて、そんな手間のかかるが健康診断でありますが今回はなんと…胃部レントゲンが強制であるとのこと(汗)
前年まではピロリ菌検査だけだったのですがね…
ということで担当医にクローン病・潰瘍性大腸炎における胃部レントゲンの対処方法について聞いてきましたのでご紹介したいと思います。

内視鏡
転院してから、もうそろそろ1年が経過しようとしております。
不安しか無かった転院…
しかし、蓋を開けてみれば新しい担当医の方との関係も良好ですし、質問に関してはきちんと答えてくれますので良かったと思います。
内視鏡も担当医が直接見てくれるのも大変有り難いです。

通常大学病院だと、検査医と問診の担当医が別れているため、いくら検査結果が医療システムで写真で共有出来たとしても若干実際に診るとでは変わってきますからね。

ただ、残念なのは薬を出せるのが30日間のみということだけでしょうか…

混雑具合は、どこの病院にいっても同じなので、気にはしておりませんが、この処方箋だけは何とかならないのかなぁって思うばかりであります。

さて、今回は担当医に色々と質問をしてきたので徐々に小出しでご紹介していこうかなぁって思っているのですが、まずは新しい病院での内視鏡検査についてです。
スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook