にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
FC2Blog Ranking
クローン病 ブログランキングへ

腹痛
4月は新年度の始まりですよね。
大学生になる方、社会人になる方、そして新しい職場に行く方。
私の場合は、課と仕事内容が変わったり、妻が育児休暇が終わり慌ただしい毎日。

そんな環境の変化に体がついていけなくなり、お腹の調子が一気に悪くなってしまいました。
しかし、体調が悪化したからといって休めば治るか?といったら治らないのが「クローン病」。
悶々としているより取り敢えず担当医と話をして少しでも安心した方が改善に向かう場合もあります。

丁度そのタイミングで通院だったのが幸いして、取り敢えず担当医に診てもらうことにしました。

今回の予定では採血無しだったのですが、受付の方に体調が悪化しているから採血の予定が無かったが採血を問診前に出来るようにして欲しいと伝え、問診を行いました。

クローン病・潰瘍性大腸炎は腹痛になる病気です。
患者の皆様のブログを拝見しても、この腹痛という言葉が多く出てくると思います。
でも腹痛って言っても色々の状態、原因がありますよね。
そこで今回は、患者目線で腹痛について分類しちゃいたいなと思います。
腹痛が発生した時に予約外の通院に行く判断のきっかけにして頂ければ幸いです。
あくまでも体感ですのであしからず!

腹痛の原因

一般人なクローン病の腹痛の原因
慢性的な炎症による様々な刺激が腸やその周辺の臓器に発生することにより痛みを感じるらしいです。腸は、第二の脳と言われるだけあって敏感だから尚更ですね。
狭窄による腹痛
狭窄を起こすことにより、腸管が狭くなり、そこを無理に食べ物が通ろうとするので圧迫して痛みが生じます。
人によって狭窄場所は様々ですが、多いのが大腸と小腸の境目の所らしいです。よって右下腹部が痛みが多く生じます。
痛みの感じは、刺すような痛みですね。腸閉塞にならない限りは我慢出来ます。
腸閉塞になったら歩くのもやっとになるので即入院です(笑)
再燃時の腹痛
再燃時は、一番悪化している場所が痛みます。私の場合は、狭窄があった場所周辺と、大腸の直腸ですね
感覚としては、何をしてもず~っと痛いッて感じです。
腸内環境も悪くなっていることから、ガスも溜まって2重苦。
私は一歩も動けなくなり、その場で立ちすくんだ記憶もあり。
普通なら便をすると良くなるものですが、再燃時は治りません。
一つの病気が悪化した時の目安として、便をした後痛みが消えるか消えないかで判断するといいらしいです。
消えなきゃ再燃の可能性があるので病院に行ったほうがいいですね。
寛解時の下痢の時の痛み
普段、脂っこいのを食べていないせいか、たまに油の乗ったトロみたいな寿司を食べると30分後には下痢をします。
これが私にとって一番辛いです。
このような体が受け入れないような下痢は、クローン病ではしょっちゅうなのですが、下痢をした後は、また出そうになり辛いですが、出すものを出すと痛みがさ~って引いていきます。
悪化したかどうかの判断は下痢を出したら腹痛が治るって時は、クローン病が悪化したわけではなく、体に合わなかったのかな~って解釈しています。
腹痛画像

咳止めとかフェロベリンとか、普段飲まないような薬を辞めたら、お腹の張りが若干改善の兆しが見えて来ました。

今日の体調は、稀に見る悪化っぷり!エレンタールも全然飲めないほどでした。

直腸当たりに炎症があるクローン病や潰瘍性大腸炎の人のためのペンタサ注腸!
私なりにペンタサ注腸を数ヶ月続けた結果、失敗するパターンと対策を纏めました。

スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook