にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
FC2Blog Ranking
クローン病 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

エレンタール
IBD(クローン病・潰瘍性大腸炎)の副作用が少なくてもっとも効果がありそう?な栄養療法と言ったら「エレンタール」ですね!
しかし、このエレンタールは匂い、味などに癖があり、皆さん摂取方法で苦労しているのではないでしょうか?
そこで、エレンタールについてのアンケートを作ってみました!

皆さんがエレンタールをどうやって摂取し、どのフレーバーを好みで使っているかを集計し、新たにエレンタールを飲むことになった患者さんの情報の足しになればいいなと思っております。

結果はリアルタイムで集計するようになっています。

集客力も無い私のブログですが、お暇な時にアンケートに記入していただけると幸いですm(__)m

エレンタールのフレーバー
クローン病や潰瘍性大腸炎で食事制限を受けている時や寛解を維持する為、腸に負担をあまりかけることなく栄養を補給出来るのがエレンタールです。

このエレンタールの特徴としては何と言っても「味」の一言に尽きるでしょう。

そう・・・不味いのです!

この不味さが飲めないという患者が多発している理由であり、そのため悪化する患者さんも居ることは事実であります。
そんなエレンタールの救世主が味を紛らわす「成分栄養剤専用フレーバー」なのであります。

おそらくほとんどのエレンタールを薬局で頂いている時に自信の飲みやすい味を貰っているとは思うのですが、このフレーバーの値段って意識した時無い方がほとんどではないでしょうか?

特定疾患に該当していれば、2014年までは薬は無料なのですが、2015年度以降は改正に伴って薬局でも支払わなければならなくなるかもしれません。

そこで、薬剤師さんに値段を聞いてみました!
その結果は・・・

エレンタール
毎日続ける物には、必ずと言っても良いほど手順を間違えたり、飛ばしたりとする物です。
エレンタールでよくあるパターンとしては、こんなのがあります。

  1. 鼻チューのチューブが外れて布団及びベッドがベトベトになる
  2. エレンタールのキャップが外れてカバンがベトベトになる
  3. 真夏の車の中にエレンタールを置いておいて不味さ、匂い倍増
  4. フレーバーの入れ忘れによる不味さ倍増
  5. フレーバーのミックスによる甘さ倍増
  6. ペットボトルでの溶かしきれない状態で底に粉が溜まった時
  7. 紙に着いて紙がベトベト

などなど色々あります。基本はベトベトと匂いですね。

一番頻度が高いのは、4のフレーバーの入れ忘れです。

毎朝エレンタールを作って会社に行っているのですが、朝はバタバタしているので、ついついフレーバーを忘れてしまいます。
なので、常にフレーバーは持ち歩いているのですが、それでも無い!!!って時はありますよね

そんな時どうしますか?
私がやったことがあるのはこちら

  1. 飲むのを諦めて家まで我慢
  2. そのまま我慢してフレーバー無しで飲む
  3. 飴などで味付け


1の我慢は物凄く辛いです。
お腹が減っては何もやる気も置きなければ気力も出ません。

2のフレーバー無しで飲むは・・・意外にいけます。
というのも昔より味の素さんが改良してくれたおかげか、そこまでキツイ味ではなくなって来たんですよね
匂いも昔は相当きつくジャガイモ?みたいな感じでしたが、今はそれほど強い匂いも感じられません。

3の違う物で味付け・・・不味いだけです(笑)

なのでオススメは2の我慢して飲むです!

と言ってもこのエレンタールが飲めない人が多いみたいですが・・・

鼻チューが一番安全で体に良さそうではあるのですが、飲めることによってお出かけが楽になりQOLが少し改善するかもしれないので、私的には両方出来るようにしておくのが良いと思います!

アクセスランキングに参加中です
ブログランキング・にほんブログ村へ

クローン病や潰瘍性大腸炎の方でエレンタールを経口で飲んでいる方でフレーバーを入れ忘れた・・・!
っていう経験をされている人は多いと思います。

私も前日の夜に翌日会社に持っていく分のエレンタールにフレーバーを入れて、寝るのですが、かなりの頻度でフレーバーだけ入れ忘れて、そのままフレーバーを入れない素材そのものの味。。。つまりエレンタールそのものの味になる事がよくあるのです。

私は会社にエレンタールを毎日3本持って行ってます。
4本だと多いし、2本だと若干不安なので3本です。

理想は、飲む直前に水で溶かして飲むべきなのかもしれませんが、さすがに会社でシャカシャカエレンタールのボトルを振ってるのは恥ずかしいです・・・

なので、必然的に家からエレンタールを作って会社に持っていくことになります。

そこで、ちょっと気になった使用用途としては何時間以内飲むのかな・・・?って疑問に思ったので、調べてみました。
スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook