にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
FC2Blog Ranking
クローン病 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

モビプレップ
今回は新しい病院となって初めてとなる大腸内視鏡検査です。
転院の際に画像データで紹介状と一緒に添付してもらったので担当医にはおおよその状態は分かっていらっしゃると思いますが、1年過ぎていますし、実際に診たものと画像だけでは全体的の雰囲気も違うものです。

そういった意味でも今回は直接担当医に診て貰える良い機会でした。

ここでは、大腸内視鏡検査の1日について記載したいと思います。

モビプレップ
平成27年度のクローン病の特定医療費(指定難病)受給者票の更新を行うため、大腸内視鏡検査をしてきました!
この時期になるとかなり憂鬱になりますよね・・・

だってこの検査辛いですから!!!

というわけで前日から憂鬱な私。
一般的には前日は検査食を食べるのが普通なのですが、普段から少食とエレンタールを飲んでいる私はいつも通り過ごしてました。
しかし、息子の陸ちゃんのサッカーに付き添った時、どうしても下痢が続いてて翌日の大腸内視鏡検査があり前日の夜の下剤を処方していただいたのにも関わらず、ロペミンをガブガブ飲む・・・

まぁ・・・飲んだ所で下痢は止まらないのであまり関係ありませんが^^;

さて、寝れない夜を迎え朝がやって来ました。
前日ロペミンを飲んだ私ですが、快調に起きて即下痢^^
ここまでは良いのですが、まず最初の第一関門としては、移動中に下痢にならないかってところでしたが、無事にクリア!

移動中のトイレが一番困りますものね・・・
特にバスとか・・・

腸の洗浄(検査前処理)

無事に病院につき手続きを済ませてから普通の人は最も苦手であろう腸内洗浄です。
つまり下剤の服用ですね。
今回もモビプレップにて腸内洗浄を行いました。

新しい腸管洗浄液「モビプレップ配合内用剤」を飲みました。感想は・・・

モビプレップの味は、エレンタールのさっぱり梅味と同じなので全然苦になりません。
時間通りに1時間で1リットル飲んだ後、500mlのお茶を飲み便回数10回以上出て綺麗に洗浄完了!

2リットル飲まずに終わりました。

新しくなった千葉大学医学部附属病院の事前処置室は、全体的にとても綺麗で以前はトイレの数がちょっと少なく列が出来るほどでしたが、今回はトイレの数も増えていたので安心して下剤が飲めました。

しかも、こまめにトイレ掃除の人が綺麗にしてくれるので快適です!

こういった所は大きな病院だと嬉しいですね・・・

大腸内視鏡の結果

大腸内視鏡の検査も無事に終わり、診察室に向かいました。
私の通院している病院では、普段診察している先生が内視鏡をしてくれるわけではありません。
そのあたりが不満といえば不満ですね。。。

今はITが発達して、画像で院内だったらほとんどシステムで共有できるのですが、やはり希望としては直に見て欲しいところ。
腸の硬さや内視鏡を入れた感じまでは記載されていても、感覚まではわかりませんからね。。。
これは大きい大学病院だからって言うわけではなく、病院か、先生の方針っぽいですね。

別の大学病院では担当医が直接行ってくれました。

内視鏡検査

モビプレップで腸内を洗浄した後、1時間位待たされ看護士さんに呼ばれました。
お決まりのお尻に穴が開いている検査着に着替え、肌着にでっかいお尻が隠れる検査着を羽織、待つこと数分。
腸の動きを鈍くする注射をし、いざ検査開始です!!

私は大腸内視鏡検査の時は、いつも痛み止めをして貰っていたのですが、今回はどうやらしない方針らしいです。
先生の話では、

先生「ダブルバルーンなどの小腸鏡を使うときは痛みが強いので痛み止めを使うことが多いのですが、大腸内視鏡だけの場合、使うことはほとんどないので使用しません。もし痛かったらやり方を変えるので言ってください。」

私「はい・・・私結構内視鏡痛くて辛いのですが・・・」

先生「わかりました。では始めましょう」

私「はい・・・」

結局、痛み止めなしで開始しました。

モビプレップ配合内用剤
今日は嫌で嫌でたまらない大腸内視鏡検査の日です。
大腸内視鏡検査は、特定疾患を更新する上で必要な検査であり、採血では解らない腸内を見ることが出来、治療にも役立ちます。基本は1年に一回が推奨されているみたいです。

さて、今まで大腸内視鏡を行う為に事前処置として、ニフレックを飲んでいたのですが、今回から新しい腸管洗浄液「モビプレップ配合内用剤」を飲んで検査に挑みました。

モビプレップ配合

内服の腸管洗浄剤であり、水様便を排泄することによって腸管の内容物の排除・洗浄効果を示します。
通常、大腸内視鏡検査および大腸手術時の前処置における腸管内用物の排除に用いられます。

情報元: 【モビプレップ配合内用剤】効果と副作用(味の素製薬株式会社) - QLifeお薬検索

飲み方

基本は、ニフレックと一緒で、2リットルの水に溶かし、180mlを10分から15分かけて飲み、1リットル飲んだら飲んだ量の半分のお茶か水を飲み、その時点で綺麗になってたら事前処置は終了です。
綺麗にならなかったら余った1リットルを飲みます。

感想

味はさっぱり梅味です。エレンタールの梅フレーバーと似た味をしています。
ニフレックより個人的には飲みやすくグビグビと飲め、1リットルで腸管が綺麗になるので、ニフレックより全然いいですね!
飲んだ直後は1時間位下剤の効果が聞いているので下剤が出ますので注意が必要です。

【追記:2016年11月11日】
尚、3年連続でモビプレップで腸内洗浄を行っています。
今後の主流はニフレックではなく、やはりモビプレップなんでしょうね。

参考資料





アクセスランキングに参加中です
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook