にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
FC2Blog Ranking
クローン病 ブログランキングへ

アトリエ
息子の陸ちゃんが小学生になり初めての夏休みが終わろうとしております。
約1ヶ月ちょっとですが、長かったようで短かったようで・・・・
まぁ大人に取ってはあっという間、陸ちゃんに取っては物凄く長かったことでしょう。

さて、夏休みと言ったら楽しいことだけではありません。
そう、それは・・・・


夏休みの宿題です!

誰もが通る道・・・夏休みの宿題。

小学1年生の夏休みの宿題はこちらです。

  1. 計算カード(足し算・引き算)
  2. お手伝い
  3. 朗読
  4. 絵日記
  5. 自由研究
  6. プリント(算数・ひらがな)数枚

1~3までは毎日、そして自由研究はまぁ何でもOKっていう感じではあるのですが、何かについて調べるということになると、普通の実験レポートのように章立てをして構成しなければいけません。
はっきりいって面倒くさいです。

しかし、陸ちゃんがやりたいことと言ったら・・・

陸ちゃん「陸が住んでいる地域のお化けについて調べたい!」ハート

私「はい却下!」

出来れば挑戦させてあげたいのですが、途中で飽きるに決まってます。
しかも、何でやりたいかって聞いたら友達がやるって言ってたから・・・

だそうです。そこの強い希望はありません。

ということで、アンデルセン公園の子ども美術館ゾーンの木のアトリエで行っていた粘土で貯金箱作りを自由研究とすることにしました。

唇
ここ1年以上、非情に悩まされているのが【口唇ヘルペス】であります。
ヘルペスには単純ヘルペスウイルス1型、単純ヘルペスウイルス2型といった複数の種類があるのですが、私が悩まされているのは「単純ヘルペスウイルス1型」ですね。

昔からヘルペス持ちではありましたが、ここ数年子どもと一緒に外にいる機会が増え、紫外線の影響が直にでるようになりました。

この病気は非情に厄介で、人に感染るし、痛いし、傷跡が残るし、再発直ぐにするし、治らないしといった非情に厄介な病気であります。



そして私が悩まされているのが再発の頻度です。

ヘルペスは紫外線を大量に浴びた時や抵抗力が落ちた時(寝不足など)に再発しやすいと言われております。
特に紫外線の量が多い夏などは最悪ですね・・・

私の場合は、ヒュミラという免疫力を抑える薬を使用しているので、どうしても抵抗力が落ちてしまいます。

対策方法

簡単な対策方法としては、以下のようなものがあります。
ヘルペスの対策方法
◆ストレスや疲労をためない
 まず日ごろの健康管理を心掛け、ストレスや疲労をためないことが大切です。バランスのよい食事と十分な休息をとるようにしましょう。お酒を大量に飲むことも控えるようにしてください。

◆紫外線に注意する
 紫外線は口唇ヘルペスを再発させる可能性があります。海水浴やスキーなどで紫外線の強い場所に行くときには、日焼け止めを使う、帽子をかぶるなどの紫外線対策をしっかり行いましょう。
再発を繰り返す単純ヘルペス-病院・医院検索のマイクリニック

しかし、これらをやってもどうしても再発してしまう・・・どうしたものか・・・
と思って色々探してみるとありました!
ピッタシの対策が!

ポケモンGOをする陸ちゃん
最近めっきりブログの更新頻度が低くなってきました^^;
理由としては色々忙しかったのと、学校が夏休みということで、我が家の暴れん坊がはしゃぎまくり相手をしなければならいっていうのが理由であります。

そしてもう一つ最大の理由があります・・・

ポケモンGOをやっていることです!

ポケモンGOとは今世界で流行りに流行っているスマホゲームであります。


もちろん我が家でも家族総出でやっているわけです。

転院
前回の通院で無常にも言い渡された転院依頼。
それでも特例的にまだ通えるのでは?だって私はクローン病なのだから!!!
って甘い考えを抱いていた私ですが現実は違っていました。



私「転院の話なのですが、どうしても無理なのでしょうか?抜け道とかってありますか?」

単刀直入に聞く私。
性格上はっきりとした結論を聞きたいのです。

担当医「え~そうですね・・・皆さん聞かれるのですが・・・」

担当医の転院しなければいけない理由はこうでした。
  1. 担当医の代わりに新しい意思が来るわけではない
  2. 国の方針で決まっている(貴方はめっちゃ寛解でしょ!)
  3. 例外はあることはある。それは千葉大で手術した人のみ

う~ん・・・全てにおいてグーの音も出ない正当な理由・・・
一層のこと別の日に何食わぬ顔で同じ病院で担当医を変えるという手もあるかな?って思ったのですが、そこまでする必要もないか~って思い転院を甘んじて受け入れることにしました。

転院のポイント

さて、転院をするとなったからには次の病院選びのポイントを聞いてみると・・・
千葉大と提携しているか
千葉大は大きな病院なので他の病院で手に負えなくなった患者が多く来るそうです。なので他の病院とのパイプも強いので、もし病気が悪化した際はスムーズに連携出来るとのことです。
自宅に近い
自宅に近ければ通院も楽だし寛解していさえすれば現状の薬だけで何とかいけます。
わざわざ遠い病院まで来る必要がないってことですね
有名な病院へ
関東でしたら沢山のIBDの専門医がいる有名な病院が数多くあります。
そういった病院は事例が多いので悪化した場合や手術などで多くのメリットがあります。
現在の担当医の知り合いの医師がいる病院
医師によって当たり外れが結構あると思うんですよね。
他の方のクローン病・潰瘍性大腸炎のブログ等を見ているとつくづく思います。
なのである程度人柄などが保証されている医師が良いことは確かです。


これらを踏まえてもう少し考えたいと思います。
さて、今回の問診です。

水着
夏といえばプール・海!つまり・・・・

スイミングであります!

息子の陸ちゃんは大の苦手であるのがプールです。
学校のプールでは、水温が低い時のシャワーがトラウマとなり、地獄のシャワーと言ってプールに入りたがりません。
私が子供の頃はプールなんて楽しいだけのものだったので、いまいちこの感覚が理解できない・・・

というわけで、お友達を誘ってスイミングスクールの体験に行ってきました!
スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook