細胞
私達難病患者が常々思っていることは、当たり前の生活に戻りたいということです。
ですが、それがかなわないのが難病であり、国の難病指定されているクローン病なのであります。

それでも医療は日々進歩していきますよね。

レミケードが出たり、ヒュミラが出たり…

これらの薬たちは炎症性腸疾患の患者さんのQOL著しく向上させました。

でもこれらの薬ではどうにもならないこともあります。

それは既に手術し切り取ってしまったもの、または炎症によりダメになってしまった細胞です。

そこで注目されたのが再生医療。
IPS細胞やES細胞の研究です。

その研究の成果の一環として、、国立成育医療研究センター研究所の阿久津英憲・生殖医療研究部長らのチームがヒトのES細胞(胚性幹細胞)から、機能を備えた「ミニ小腸」を作り出すことに成功したとのことです。

内容

ヒトのES細胞(胚性幹細胞)から、機能を備えた「ミニ小腸」を作り出すことに成功したと、国立成育医療研究センター研究所の阿久津英憲・生殖医療研究部長らが12日、米医学誌「JCIインサイト」に発表した。腸の難病の治療法や創薬開発につながり、将来的には移植医療への応用も期待される

引用:<ES細胞>ミニ小腸作製に成功 移植に期待 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

これにより、「診断・治療法の開発、薬の安全性試験はミニ小腸を使ってすぐにでもできる。将来的には、ミニ小腸を患者の小腸に移植し、働きを代替させるような臨床応用も考えられる」とおっしゃっているそうです。

感想

最近あまり聞かれなくなったIPS細胞ですが、着々と成果をあげているみたいですね!
この技術により、ストーマーになってしまった人や、私の用に小腸が短くなって栄養が吸収しづらくなってしまった人には、大いに期待しても良いのではないでしょうか?

今までの考えは、食事制限を頑張って頑張ってエレタールを飲んで残った臓器をいつかクローン病を完治させる薬が出るまで保つというのを念頭に生活をしていたのですが、もう少し緩めても良いのかな?って油断しちゃいそうです。

ただ、まだまだ実用化は先のことでしょうから、暴飲暴食、ストレスのある生活だけはなるべくやらないほうが良いとは思いますが…

それでも今回の記事はかなり朗報ではないでしょうか?

このままどんどん医療が進んでいくと良いですね!
皆さん頑張りましょう!
スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook