貧血
毎回採血を行うと必ず検査で引っかかるのが「貧血」です。
引っかかると地味に大変で、採血の結果が出るまで大幅に時間がかかってしまいます。

採血結果が遅いのは、それなりに理由がある

採血では、Hgb(ヘモグロビン)の数値でだいたい予想が付きます。

一般的の基準値は

男性で13.0~16.6g/dl
女性で11.4~14.6g/dl

引用:病院の検査の基礎知識

となっており、このヘモグロビンの量が不足してしまうと、血液中の酸素の運搬が十分に行われないため「貧血状態」となるのです。

貧血の原因は、以下の様なことがあげられるみたいです。

  • 月経による定期的な出血
  • 無理なダイエット
  • 偏食による鉄分補給量の不足
  • 病気による貧血


対策としては、

  • 鉄分のサプリメントや鉄分を多く含む食材(レバーなど)を補給する
  • ダイエットを辞め、バランスのよい食事を取る
  • 原因の病気を治す


のようなことがあげられると思います。

しかし、クローン病ではバランスの良い食事、病気を治すことが出来ないため、なかなか貧血を改善することが難しいのが現状です。
そこで、医師に相談した結果(原因と対策方法)をご紹介したいと思います。

クローン病の貧血の原因

クローン病は炎症性腸疾患と言われてるだけあって、消化器官のありとあらゆる場所で病変が発生してしまいます。
特に腸内での炎症では、出血を伴うことが多く、その箇所から絶えず出血をしてしまう疾患です。

恐らく多くの方が始めて出た血便に驚いたのではないでしょうか?痔か?それとも大腸がんか??
私は驚きというより不安になりましたね。

これも腸内で出血した血が便と混じって排出される結果です。

その為、症状が悪化してくると見る見る下がっていきます。
私の場合は、クローン病になりたての時は10以下となっていた記憶があり、この時は立ちくらみやら倦怠感が凄まじく何もやる気が起きませんでした。

しかも、受験生だったのでその時の焦りと言ったら今でも嫌な思い出として心に残っています。

勿論血便も絶えず出ていましたね。その結果、狭窄が悪化し、後々手術となったわけですが。

ここまでは、悪化している時のお話です。
誰もが腑に落ちる理由ですよね。

腸内が炎症して出血して貧血

しかし、寛解しているのにも関わらず私のように数値が低い場合があります。
ちなみに私の現在のクローン病の症状は内視鏡の結果と採血の結果から申し上げますと、

CRP
ほぼ0.2以下
Hgb
13~14.7g/dl
内視鏡所見
手術をした回盲部(小腸から大腸への移行部)に慢性炎症細胞浸潤に伴ったびらんがあり(要は白いアフターがある)
目に見える出血は認められず


つまりこれだけの結果から見れば私も他の健常者と変わらないわけです。
ただ、1点だけ違うところと言えば「手術をしているかしていないか」の違いです。

私は先程記載しましたが、クローン病初期の段階でかなり腸がダメージを負いました。
ダメージを負った場所は、小腸と大腸のつなぎ目である回盲部です。
その部分がボールペンが通らない位に狭くなり食事が詰まって腸閉塞になってしまったため、手術をし小腸を1メートルちょっと切除しました。

それで起きた弊害が回盲部で吸収されるであろう「ビタミンB12」の欠乏による貧血と吻合部の出血です。
どうしても小腸と大腸の吻合部は出血しやすくなります。
そのため、私の場合はアフターなどが出来てしまうのです。

ビタミンB12に関しては、症例としても浜松医科大学第2外科,慈風会宮崎病院より発表されております。

ビタミンB12とは


A.ビタミンB12とは?
ビタミンB12はコバルトを含むビタミンの総称で、ヒドロキソコバラミン、アデノシルコバラミン、メチルコバラミン、シアノコバラミン、スルフィトコバラミンがあります。抗悪性貧血因子として牛の肝臓中に発見されたビタミンで、微生物以外では合成されないため、植物性食品にはほとんど含まれません。
体内では、メチルコバラミンとアデノシルコバラミンが、アミノ酸や脂質などの代謝の補酵素として働いており、不足すると悪性貧血や神経障害などが起こることが知られています。

引用:「健康食品」の安全性・有効性情報


私の場合もこの貧血に該当すると思われます。

対処方法

対処方法としては食事療法、サプリメント、薬といった形があるわけですが、今回担当医に言われたのは「鉄剤」による薬物療法です。
クローン病や潰瘍性大腸炎の方々は鉄剤はお馴染みの薬ですよね。

私も入院していた時は、点滴から入れていましたし、薬でも飲んでおりました。
飲むと便が真っ黒になるやつです。

しかし鉄剤は薬です。
勿論副作用もあります。

具体的に言ってしまえば下痢を引き起こしやすいのです。
なので私のような、そこまで対処しなくても良い貧血だったら無理に薬などを使わなず、放置がいいっぽいです。

貧血気味の人は、コレを踏まえて担当医にご相談してみたらどうでしょうか?
スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook