発疹
次男のガクちゃんがRSウイルスになって2週間がたちました。

大変だった看病も終え、やっと通常の生活に戻れる・・・って一安心したのにもつかの間。
陸ちゃん(小学2年生)が40度近くの高熱に侵されました。

今回は、この闘病記を記載したいと思います。

病状

発症1日目
学校から帰ってくると寒気がすると言い出し熱を計ると38度5分!
この時期にインフルエンザかな!?
とかRSウイルスがうつったか!?
といろいろ考えるも、取り敢えず翌日病院に行くことに。
発症2日目
朝から熱は39度近くでる。
食事も出来なく取り敢えず病院へ。
医師には喉が少し赤い程度なので単なる風邪でしょう。
熱冷まし(カロナール錠200)と抗生物質を処方される。
熱冷ましを飲ますと日中は38度まで下がるも、やはり寒気と食欲不振でぐったり。
さらに夜になると39.6分まであがり、お茶も飲めない状況に。
夜はお茶を飲むとそれを吐いてしまいお腹も痛くほとんど眠れず。
発症3日目
相変わらずの朝から39度の熱。
水分も食事も取れずの状態なのでこのままでは命の危険があるかと思い、緊急外来へ行くも最初に行った病院と同じ診断がくだされ、吐き気止を処方してもらい帰宅。
検査や点滴を期待したがしてもらえず…
夜は吐き気がなかったが39.5度まで上がる。
6時間おきに熱冷ましを飲み上がったり少しだけ下ったりの繰り返しで体重が22キロから20キロまで減ってしまう。
発症4日目
朝になると熱が急に37度台まで下がり、夜には36度台まで下がる。
しかし、食欲は無くおにぎり1個が限界の状態に。
発症5日目
食欲は徐々に戻ってきつつも1食おにぎりが1個程度でお腹いっぱいに。
それとお風呂に入ると顔から足にかけて全身に発疹が出てお腹も下痢に気味になる
発症6日目~8日目
食欲は完全復活とは行かないまでも戻ってきており、体力も徐々にではあるが1日過ごせるようになってきた。
発疹も取れ元通り

この症状突発性発疹!?

この経過から見るとほとんど突発性発疹なんですよね…
思い返すとここまで熱が高かったのは生まれてはじめてだったので初なのか!?と言えば全否定は難しく…

突発性発疹とは

生後6カ月~1歳台の小児に好発する、ヒトヘルペスウイルス6あるいは7による急性ウイルス感染症です。

ほとんどの子どもが3歳までに感染するといわれています。感染する時期はヒトヘルペスウイルス6のほうが7よりも早いことが多いため、1度目の突発性発疹は6、2度目は7による感染症のことが多いと考えられます。

38~39℃台の発熱が3、4日続いたのち、解熱とともに全身に発疹が現れます。発疹は2、3日で消失します。発熱と発疹以外に比較的多くみられる症状として下痢があります。 咳せきや鼻水を伴う場合もありますが、通常、呼吸器症状は少ないと考えられます。また、発熱の時期に熱性けいれんを合併することがあります。

従来、予後良好な疾患といわれていますが、まれに脳炎や肝炎を併発することがあるので、発熱、発疹以外に普段と異なる症状を認めたり全身状態が悪い場合は、早めにかかりつけの小児科を受診することが必要です。

引用:突発性発疹(小児バラ疹) 症状、治療など | 感染症 - Yahoo!ヘルスケア

終わりに

正直熱だけが高い症状で、何か他に違う病気が隠されているのでは!?と疑いもしました。
3日ほとんど飲まず食わずだったので脱水症状も気になりましたし、入院かとも思いました。

まだ完全に治ったとはいい難い症状ではありますが、取り敢えず学校にも無事に行けております(給食は半分位しか食べれず)。
それでも徐々に戻ると信じて今は経過を観察したいと思います。

元気になった陸ちゃん

| 育児日記 | comments(0) | trackback(0)
 【タグ】:育児 
スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook