最近、座ってると左脇腹が痛くなります。痛みの種類をあえて例えるなら、走ったときに脇腹が痛くなる痛みに似てますね。

いつもはクローン病で悪化した時によくなる右下腹部の痛みです。これはおそらく大腸と小腸の繋ぎ眼の所です。
私は小腸型クローン病で、以前狭窄があったので手術をして切り取りました。

クローン病は、手術をした場所が高確率で再発し悪化すると言われてます。

なので右下腹部が痛むのも納得です。

でも今回は左脇腹。
潰瘍性大腸炎になってからは、左下腹部が良く痛みました。
私は全大腸型ですが、直腸の所が炎症が強く内視鏡でも苦労しました。

でもでも

今回は、もうちょっと上・・・

う~ん・・・

なんだろう。

可能性があるとすれば、胃の痛みか、もしくはヒュミラを使ったせいで狭窄が悪化したかのどれかなのかな・・・

急激に炎症を治すと腸が線維化して固くなる傾向があるらしいです。
ネットで調べると、潰瘍性大腸炎で左脇腹の当たりに刺すような痛みの人もいるらしく、その人は、狭窄があり、物が通ったり、お腹が張ってくると痛くなるらしいです。

私の現状の予想だと、ちょっと狭窄の兆候があったんですよね・・・

先生が内視鏡を入れるとき、「何か肛門きつくね?」って言ってたのを思い出しました。

まぁ、ヒュミラをしてからも2ヶ月たつことですし、辛いけど内視鏡をやってもらおうかなって思っています。

楽な内視鏡のやり方ないのかな~


アクセスランキングに参加中です
にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook