以前読んだIBDの記事にクローン病患者複数人に対し、定期的に運動した患者と運動をしない患者の再発率を抑制する効果があると記載されていました。

具体的な出所は、忘れちゃいましたが、その時は確かに。って思った記憶があります。

運動は、自律神経系の疾患の治療にも良いとされているし、ストレスも発散されていいこと尽くしじゃないでしょうか?
でも運動を続けるのって大変なんですよね・・・

千葉に引っ越す前は、地元だったので友達と一緒に毎週フットサルを週3回(1時間半×3)やっていたのですが、千葉に転勤して、友達もいなくなり、個人参加のフットサルでは面白くなくなって辞めてしまいました。楽しくなければ続けるモチベーションも上がらないですよね。

私たちのような食事制限がある病人は新しい人間関係を作るにも結構勇気が必要なんですよね。
飲めない&食べれないってのがあるので。
私本人は、別にそんなの気にしないわけですが、どうしても周りが気を使ってしまう。

昔からの心許した仲間なら、気になりませんが、知り合ってばかりで尚且つ社会人の趣味。
みんなきっと楽しくやりたいんだろうな。雰囲気壊すような奴がいるとめんどくさいんだろうなって思ってしまって。。。。。

それがなかなか苦痛であります。


IBDの人達がやっているフットサルとかサッカーがあれば是非参加したいですね(笑)

とりあえず、子供が最近やたら騒ぐので一緒になって遊ぶのが一番の運動かなって思います。


アクセスランキングに参加中です
にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ

| クローン病コラム | comments(0) | trackback(0)
 【タグ】:クローン病 
スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook