親だったら自分に無いものを子供に求めたり、親が出来なかったこと・こうすればよかったなぁって言う親自身の過去の苦い経験を子供がしないために色々子供に教えたりします。



私の場合は、やっぱり食事ですね・・・

私はクローン病と潰瘍性大腸炎を患っていて、食事制限があります。

クローン病が発症したのが18歳の時で、家の食卓は外食など特にせず、いつも同じ料理を食べていました。社会人になったら色々な物を食べよう!と思っていた矢先にクローン病になり、そこから低残渣食とエレンタールの日々になりました。

クローン病でも、ある程度無理をすれば、色々な物を食べることもできます。
今はヒュミラやレミケードによって寛解が維持できる方も多いので、普通に食事を取っている方もいらっしゃいます。

でも、私はNG食はなかなか手を付けれないんですよね。。


悪化して苦しんで入院して手術して・・・・

そんなのを繰り返すくらいなら、食べないほうが良い!ってのが私の考えです。なんか入院していると時間が止まったような感覚になってしまいます。(まぁ食べなくても悪化するのがクローン病なわけですが^^;)


子供に伝えたいもの


それはやっぱり美味しい食べ物ですね!

自分の代わりに沢山食べて貰いたい!

その結果ポッチャリなろうとも・・・




美味しぃ~


アクセスランキングに参加中です
にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ

▶ この記事のコメント

わかるよ・・・。
分かち合える男、ドンです。
「NG食を食べて悪化するなら、守って元気でいるほうがいい」
日々、それを胸に秘めて生きています。
負けないでいこう!
お互い。
2012.12.04 12:41 | URL | ドン #- [edit]
> ドンさん
コメントありがとうございます!

エレンタールを飲むってつまりこういうことですよね!
ドンさんならきっと共感してくれると思ってました!
なるべく「現状維持」
そして治ると信じて頑張りましょう!
2012.12.04 22:09 | URL | ペコ #- [edit]

▶ この記事に対するコメントの投稿


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:
スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook