昨日、担当医からの電話で痰の培養の検査で悪い菌が検出されたから病院に来いと言われたので行って来ました。
特に予約の時間を指定されていたわけじゃないので、長く待つのを予想していた私。

しかし、いざついてみると、丁寧に8:30の予約で入れられていました!
とても助かりますね・・・


電話してくれた担当医は、外来には居なかったので、別の先生が対応してくれました。

検査結果
  • 肺炎球菌が検出される。しかし、まだ肺炎までには至ってないため、それほど心配しなくてもよい。
処方箋
  • 抗生物質であるオーグメンチン錠250RSを1日4錠を6時間おきに飲むこと。(7日間)
  • 抗生物質でビオフェルミン・ミヤBMが効かなくなるので、ビオフェルミンR錠を服用。
今後の治療方針
  • イスコチンとピドキサール錠は服用中止して、処方された抗生物質を飲み来週また通院するようにとのこと。


(* ̄ρ ̄)”ほほぅ…

まぁ心配無いわけだね!

と思いきや、肺炎球菌ってどっかできいたことあるような・・・・

肺炎球菌

感染症とは、ウイルスや細菌などの病原体が鼻、ノド、おなか、皮膚からからだの中に侵入して増殖し、からだを攻撃する病気のことです。発熱、せき、下痢などの症状がでます。菌やウイルスによってそれぞれ、食物から、人との接触から、空気から、などと、うつるルートがことなります。

肺炎球菌はそんな感染症をおこす原因のひとつですが、肺炎球菌感染症には、後遺症を残したり、子どもたちの命を損ないかねない病気もあります。

情報元: お薬検索QLife


つまり照英か・・・!

なかなか大変な病気じゃないですか・・・(汗)
のんきにヒュミラ何てやってる場合じゃないですよ!

処方された抗生物質は下痢になりやすいみたいですが、背に腹は代えられない・・・

私の優先順位は、

子供>家族>命>クローン病>楽しみ>その他

私の子供はまだ3歳・・・・

予防接種をしているとはいえ、油断ならないですね・・・・
伝染らないといいけど・・・

アクセスランキングに参加中です
にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ

| 通院記録 | comments(2) | trackback(0)
 【タグ】:ヒュミラ 
スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook