一般的に、食物繊維は1日辺りの摂取量は20~25g位摂取すると良いと言われています。
しかし、クローン病・潰瘍性大腸炎の炎症性腸疾患の人は、下痢や腹痛・狭窄などの関係で、通常の人より多く取れないのが現状です。

このような情報は、クローン病・潰瘍性大腸炎の患者では知られていることですよね

じゃ~実際のところ摂取するとどうなの?ってのを記載したいと思います。
一昔前までは、クローン病の人は、食物繊維は3gまでとか昔はありましたが今はそこまで制約はついていないです。
その理由を説明する前に食物繊維には大きく分けて2種類あります。

水溶性食物繊維

概要
水分を吸収しながらゼリー状になり、消化・吸収をゆっくりにしてくれるため、便が有形化し排便回数を減らしてくれる作用がある。
多く含まれる食品
  • りんご・バナナ・桃
  • 市販のファイバーなど
  • etc...


不溶性食物繊維

概要
水に溶けにくく、水を含むと膨らむ特性がある。よって狭窄などがある患者さんは詰まる可能性があるので摂取には注意が必要である。
多く含まれる食品
  • こんにゃく・皮付き芋
  • アーモンド・ピーナッツ
  • きのこ類・海藻類
  • etc...


ようは水に溶けるか溶けないかって話しらしいです。

狭窄で食べるとどうなるの?

私は狭窄が全部で2箇所、合計30cm位ありボールペン位の隙間しかない状態が10年間続き、最終的には詰まって手術に至りました。

医者に言わせると、この状態で食事が出来てることが奇跡とまで言われたのですが、10年も経つ頃には、ある程度大丈夫!って言う根拠のない自信から詰まるという結果になりました^^;

詰まった時に食べたのは、ちゃんこ鍋!食べた夜中から朝方に猛烈な腹痛が有り、緊急入院でしたね・・・

でも、それまでも普通に鍋とか食べて野菜を摂取していたので、きっと数日間の積み重ねによる詰まりだったのでしょう。

つまり、狭窄の人は、水溶性食物繊維でも気をつけないと、やっぱり詰まっちゃうってことです!

この辺りは、医者の判断ってより患者の感覚になるので、お腹と要相談ってところでしょう。


摂取すると便は硬くなる?

あくまでも体感ですが、水溶性食物繊維を多く取ると便は硬くなります!
しかし、悪化している時は素直にエレンタールを摂取した方が安全ですね。。。
下痢よりまずは炎症を抑えることを第一に考えたほうが良さそうです。


結論

狭窄のある人は、取り過ぎは命取りになると思います。ですがボールペン位の隙間しかなかった私ですら、10年間詰まりませんでした。
なので、人にもよりますが、私だったら野菜ジュースなどで摂取します(今もしてます。調子が良い時は普通便)。
狭窄が無い人は、体調にもよりますが、寛解期にはなるべく摂取すると便の調子が安定するかも・・?ってところです!



アクセスランキングに参加中です
にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ

| クローン病コラム | comments(2) | trackback(0)
 【タグ】:食事 

▶ この記事のコメント

こんにちは。
水溶性でも詰まっちゃいましたか?!!!
僕も狭窄が4箇所ほどあり、2箇所が狭いとしか言われてなかったのですが、どれくらいの長さなのか聞いてみよ♪
僕はストマなので、毎日観察してますが、やはり鶏ムネ挽肉系の団子やハンバーグは出てくるのが遅いです(^^;)
油断は禁物ですねぇ♪
2013.02.26 10:22 | URL | kuroon49 #- [edit]
> kuroon49さん
こんにちは!
コメントありがとうございます!

4箇所ですかΣ(゚Д゚;)
長さより狭窄がどれくらいの物が通るかってのがポイントっぽいですよ!
2013.02.26 23:19 | URL | ペコ #- [edit]

▶ この記事に対するコメントの投稿


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:
スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook