職務経歴書
私達のような慢性疾患の人は、就職活動は大変ですよね。
病気の事を言うべきか?言わないべきか?

これは治らない病気の患者にとっては永遠のテーマなのかもしれません。

厚生労働省には、難病患者の就労支援というものがあり、ハローワークを通して相談や照会などしてくれます。
もちろんクローン病も該当しております。

しかし、当時(2003年)私が相談に行ったら、担当者から出た言葉は残酷なものでした。

担当者「クローン病?それで貴方は障害者手帳持っているの?持ってないと該当しないよ」

と、軽くあしらわれました。
担当者の人が精度を熟知していたのか、それとも当時は該当していなかったのか…
今となってはわかりません。

そんなクローン病の患者である私が体験した、就職活動での体験をご紹介したいと思います。

実話の就職体験談

私の就職活動の時の思い出は2003年の時でした。。。

大学4年生になり、周りはみんな就職活動の真っ最中!
私もゲームばかりやってないでそろそろ就職活動しよっかな~と思い、履歴書を購入・・・

そこには。。。



病歴の記入欄!!

この時は、書く・書かないを迷うことより、取り敢えず病歴って書いていない履歴書を購入しました。
まぁ棚上げってやつです。

なので外から見たら普通の三流大学の一般学生。

無事に最終面接・内定まで貰いました。


さて、内定後の初面談の時、

私「私は、定期的に通院しなくちゃいけなく、お酒とか飲めないんですが・・・・」
面接官「ちなみに、アレルギーかなんかですか?」

私「えっと・・・・クローン病っていう病気です」

とカミングアウト。

その場の面接官は、



面接官「大丈夫ですよ~、そういう人いっぱいいますし~(笑)」



と、おっしゃってくれて、私は一安心で家に帰りました。


その数時間後・・・・


プルルル☎

面接官「先程話した病気の件でお伝えしたい事がありますので、内定書を持って明日来てください」

私「あ、はい・・・・」


はい、内定取り消しフラグたちました~。


翌日行ってみると、担当面接官ではなく、上司に当たる、部長が私の対応に。
まず、言われたことは、

部長「貴方の病気は、国の特定疾患に指定されている難病で、治らないらしいですね」

と切りだされ、ネットの記事の印刷を渡され、ほらほら!と見させられる。

部長「まず、貴方は会社の規定違反をし、嘘の報告をしたので、こちらには内定取り消しの権利があります。エントリーシートに、病歴なしと記載されていたのが該当します。」


と言われて、

部長「ですが、こちら(会社)としては穏便に済ませたいので内定辞退してくれますか?」

私「はぁ・・・・」

部長「貴方のような病気の人は、中小企業の保険組合には入れないのです。必然的に、入れる会社なんてどこにもないですよ。でもまぁ頑張って」

と言われ帰って来ました。



これが現実か・・・・・どこにも就職できないじゃん・・・


その時は、初めてクローン病って言う病気を恨みましたね。

さすがに自分の中で受け入れられませんでした。

その後、病気が悪化し入院し留年。。。親には留年する位なら大学辞めろと言われ。。。(翌年なんとか卒業)
味方何て誰も居ませんでしたね。



私がクローン病の就職活動の仕方で、学んだことは、
  • 病名は言わず、通院が必要ってことだけ伝える。
  • 実力を付ける
  • 結局は運!数打てばあたる!


病名を言うと、まず受からないと思います。理由は、会社の立場になればわかりますよね・・・


健康で40点の人と、病気持ちで80点の人。

私なら健康で40点の人を選びます。なぜなら入院する可能性が高いということは業務を任せられないっていう考えに繋がるからです。

ですが、

健康で40点の人と、病気持ちで100点の人なら・・・・

って感じで実力を付けて差別化していかないことには、今の時代生きていけないですね。。。


しかし、今私は無事に就職し、働いてます。


私が100点の人だったってことではなく、たまたま数打って当たったってだけですね^^;
私の資格なんて運転免許のみですし(笑)

ちなみにその時の面接では、通院を1ヵ月に1回程度しなければならないとだけ伝えました。

私の持論

まぁ一般的には、難病患者の病名を明かしての就職は普通に比べてハードルが高いと思います。
しかし、諦めずに数打てば当たります!効率ばかり考えている会社だけではないと思います。安西先生も言ってますしね(笑)

理想は実力で病気も公表して会社に入るですが、とにかく形はどうあれ入って社会に出るってことが第一歩な気がします。
ご参考までに。





| クローン病コラム | comments(10) | trackback(0)
 【タグ】:クローン病 

▶ この記事のコメント

悲しい現実だよね。
この内容、すごく良くわかります。
最初の内定辞退をよく乗り越えましたね!
ショックだけど、そういう事件こそ笑って済まさないとメンタル持たないしね。
自分は営業の世界で、自分で言っちゃうけど100点で生き延びたんだよ。
営業会社にしてみれば、休もうが早退しようが、時に入院しようが、売り上げ上げてれば問題なし。
そういう意味では意外と営業会社はクローン病向きかも(笑)。
今は採用する側になったけど、正直に言うけど、IBD患者は採用しないなあ(笑)。
ひどいね、俺(笑)。
2013.03.15 16:51 | URL | ドン #- [edit]
とても辛い現実です。

私は今は結婚して、どうしても仕事をしないと生活出来ないわけじゃないのでそれほど関係ないけれど・・・

男の人は、家庭があれば責任も重大ですし会社での立場もありますものね。

病気以外でも苦しまなくてはいけないんだなって、辛いですね・涙・
2013.03.15 21:25 | URL | 美ぃ* #k9MHGdfk [edit]
はじめまして!
いつも拝見させていただいています。
実は、ただいま転職活動中なので、私もコメントさせてもらっちゃおうー。
私が新卒の頃はバブルな時代で、内定もらうのは大変じゃなかったけれど、今は大変ですよね?
障害者手帳を取得してからは、障がい者枠でしか仕事探ししてません。
夜間は経管栄養療法をしているけど日中は健常者と同じように働けます、というのが売りです(^^)、月に一度の通院の配慮はお願いしますが、病気のことも面接で話せるので、精神的に楽な就職活動になりますよ。

実際はどうなんでしょう、クローンの方、障がい者枠で働いているほうが少ないのかな?
2013.03.15 22:07 | URL | ワンコ #- [edit]
> ドンさん
こんにちは!
コメントありがとうございます!

売上よければある程度許されるってのは、どこでも共通ですよね・・・!
後は、周りに親切にするってことも(笑)
患者だから分かりますよね・・・この不安定さ!

お腹痛い時は、実力が半減しちゃいますし^^;
2013.03.15 23:40 | URL | ペコ #- [edit]
> 美ぃ*さん
こんにちは!
コメントありがとうございます!

私も家庭を持って気がついたのは、一人でやるより助けあって生きよう!って事を学びました。
男としてどうなの?ってのはありますが、ライフプランを立てて妻に見させ

私「ほら!あんたも働かないと生きていけないよ!!!私は入院可能性大なんだよ!!余力ないよ!!」
ってはっぱをかけています・・・(汗)
2013.03.15 23:45 | URL | ペコ #- [edit]
> ワンコさん
こんにちは!
コメントありがとうございます!

今は大変っぽいですね~
世間は学生に冷たくなってきてるっぽいですし・・・
直ぐ辞めるっていうイメージが・・・(笑)上場企業とかは、CR活動の観点から新卒を取らないといけないみたいですけど。

恐らく具体的な数値は定かではないですが、なんかの資料で、クローン病患者で障害者手帳を持っていらっしゃる患者は少ないはずです。でも、ほとんどの人が就職しているから驚きです。

ハローワークに通っていた時、障害者手帳無しの障害者枠で探そうかと思いましたが、メリットがなさ過ぎて辞めました。。
手帳を持っていらっしゃるなら、やっぱりフル活用しないと勿体無いですよね!

転職活動頑張ってください!
2013.03.16 00:03 | URL | ペコ #- [edit]
はじめまして。
難病だと確実に就職活動影響しますね。
こういう場合、正直に言うべきかどうか迷うと思いますが、後のことを考えると、正直に話して大丈夫な会社を見つけた方がベターという感じがします。

私も潰瘍性大腸炎ですが、定年退職した後でしたので、こういうこと考えたことはありませんでした。
2013.03.18 10:23 | URL | シニアiwami #- [edit]
> シニアiwamiさん
こんにちは!
コメントありがとうございます!

正直に話して全て受け入れてくれる会社がベストですよね!
就職できる確率は減りますが、後々のことを考えると、やはり告知した方が楽かもしれません。

関東のような企業が多い所なら1社失敗したら次!っていけますが、地方のような変えが効かないような企業だと、なかなかそうも言ってられないのが現状ですね(-_-;)

この辺りのさじ加減が本当に難しいですね・・・!
2013.03.18 22:29 | URL | ペコ #- [edit]
共感しました!
私もクローン病を持っていて、やっとのことで就活を終えることができました。

そこで感じたことは、これから働いて行く上で「○○病気だから、、できない」と思われるようではいけないことです。

病気だからこそ人一倍の結果を残せるように努力していくことが大切なんですよね。


2013.03.27 23:35 | URL | - #w2OyTPPU [edit]
こんにちは!

内定おめでとうございます!
病気でもあの子は頑張ってる!ってのを存分にアピールしないと、やっぱり生きていけませんよね!

今後は、直ぐ解雇できるような制度になるかもという噂もありますし・・・
ますます弱者には厳しい世界になりそうですね@@;
2013.03.28 22:29 | URL | ペコ #- [edit]

▶ この記事に対するコメントの投稿


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:
スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook