ヒュミラ18回目になりました。
今のところ効果は順調に継続しており、クローン病・潰瘍性大腸炎の症状を押さえ込んでいます。

さて、18回も射していると、注射を射す直前たまにヒュミラの液が漏れるんですよね・・・
今回は、何で漏れるのかな~って注意深く見てみました。

ヒュミラのこぼれる原因

まず、ヒュミラの射し方は注射のキャップを開けた後、少し注射を引いてから空気を針先まで抜き、そして射します。
しかし、最初の注射を引く力が甘いと液が針先で止まってしまい、空気を抜く際に漏れてしまうのです。


こぼさない対策

思い切って最初注射を引いてみることですね!
そうすれば針先の液が下まで落ち、空気を抜く際にこぼれないです!



まぁこぼれたからって拭けばいいだけですが、高価な薬でレミケードより効き目は低いので、出来るだけきっちり使いたいですね

アクセスランキングに参加中です
にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ


| ヒュミラ | comments(2) | trackback(0)
 【タグ】:ヒュミラ クローン病 
スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook