Yahooニュースを見ていたらこんな記事が・・・!

50難病、iPS使い新薬…国主導・産学連携で (読売新聞) - Yahoo!ニュース

政府は、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使い、患者数が少ない難病の新薬開発を加速させるプロジェクトに乗り出した。

 パーキンソン病など50以上の難病が対象で、2016年度までに治療薬の候補物質を探す共同研究体制を整える。基礎研究から薬の実用化までをにらみ、企業を加えた国主導のiPS細胞プロジェクトは初で、産学の連携で日本発の難病治療薬を送り出す構想だ。

 難病は患者が少ないため研究が難しく、原因の究明や薬の開発が、世界的に進んでいない。このためマウスなどの実験動物で難病を再現する研究が行われているが、患者に使える薬を見つけるには限界があった。

 iPS細胞の技術を使うと、難病患者の皮膚や血液の細胞から、神経や筋肉などの患者自身の病気の細胞を作り、生きたままの状態で増やすことができる。難病の研究に使えば、原因を調べたり、薬の効き目を確かめたりする研究が、飛躍的に進むと期待される。。

情報元: 50難病、iPS使い新薬…国主導・産学連携で (読売新聞) - Yahoo!ニュース
そこで、厚生労働省のホームページを見てみるとその詳細の一覧が記載されていました。
50の疾患の一覧 「疾患特異的iPS細胞を活用した難病研究」を厚生労働省と文部科学省が共同で実施します【厚生労働省】より

そこのPDFファイルを見ると・・・


クローン病・潰瘍性大腸炎の文字が・・・・






ありませんでした(ぐるナイのゴチの羽鳥アナ風)


でも二つの項目で気になるところがありました。

  • 「自己炎症疾患とその類縁疾患に対する新規診療基盤の確立」
    平家 俊男(京都大学)
  • 「自己免疫疾患に関する調査研究」
    住田 孝之(筑波大学)


この方々を検索すると、どうも無関係とは言いがたいんですよね・・・

きっとこれに含まれているはず・・・です!
もし含まれていなかったとしても、他の病気が解決すれば、それに付随して色々応用できるかもしれませんしね!

なので、私達に今出来ることがあるとしたら、信じて今の状態を維持することです!!
もしかしたら完治も夢じゃなくなると信じて。。。

【追記 2013/07/21】クローン病・潰瘍性大腸炎がIPS細胞の臨床に選ばれたらしいですね。

iPS臨床応用 5研究を選定 | NHK「かぶん」ブログ:NHK

今回選ばれたのは、これらに続いて実用化が期待される新たな分野の研究で、文部科学省から委託を受けた科学技術振興機構が、2日、発表しました。
選ばれたのは、腸の粘膜などが炎症を起こす難病のクローン病や、潰瘍性大腸炎などを粘膜を再生することで治療する東京医科歯科大学の研究、それに、iPS細胞から作った肝臓の組織を移植して肝不全などを治療する横浜市立大学の研究、iPS細胞から作ったインスリンを分泌する組織を移植して糖尿病を治療する東京大学の研究など5つです。
研究は、山中伸弥教授が所長を務める京都大学の研究所からiPS細胞の提供を受けるなどして行われ、毎年1億円程度の支援が行われることになっています。
今後3年以内に実用化に必要な技術的な課題を克服し、7年以内に実際の患者の治療に生かす臨床研究を始める計画です。

情報元: iPS臨床応用 5研究を選定 | NHK「かぶん」ブログ:NHKさんより


いよいよ本格的に明るい未来が出て来ました!
マウスの実験では腸の粘膜の再生まで出来てるらしいですよ!

7年以内・・・
以外とすぐそこまで・・・!

それまで頑張りましょう!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook