クローン病の患者でコレバインを処方し飲んでいる方ってどの位いるんですかね・・・?
ここでは、私のコレバインを始めた経緯と効果を記載したいと思います。

コレバイン錠とは

消化管で胆汁酸や食物中のコレステロールを吸着し、コレステロール値を低下させます。
通常、高コレステロール血症や家族性高コレステロール血症の治療に用いられます。

情報元: コレバイン錠500mg(田辺三菱製薬株式会社)の効果と副作用、使用上の注意-QLife


あんまりクローン病とは関係の無さそうな内容です。

コレバイン錠を始めた経緯


コレバイン錠を始めたきっかけは、小腸の狭窄部分を切り取った手術です。
クローン病は、潰瘍が深くなる傾向があり、そのせいで狭窄が出来やすい病気です。

手術後、下痢は確かにずっと続いていたのですが、一度普通便になりそのままずっと行くのかな・・・?と
思ったのですが、急に下痢になり始めました。

丁度手術した病院から別の病院に転院する時で、手術した病院の担当医に

担当医「おそらく、小腸が短くなり、胆汁が腸に落ちてきてるのであろう。その刺激が下痢になって腸が反応しているから、コレバイン錠でも1日2回(朝・夕)飲んで様子見て、転院後の担当医に相談してみて(笑)」

みたいな事言われて飲み始めたのがきっかけです。

飲んでからの効果は?


手術後飲み始めると確かに下痢は止まりました。

お?効果的めんじゃん・・・!

って思っていましたが、数カ月後下痢再発^^;

この後は、なかなかの頻度で下痢になりましたが、飲まないと気持ち悪いので手術から5年経ちましたが、未だに飲み続けています。

飲まないと下痢になる・・・?ってことは、あまりないです。


体感的には小腸の切除の手術後は激的に効果があり、その後はいらないんじゃない?って気がします。

ただ、ヒュミラを開始する前の私の飲んでいた薬は、

  • エレンタール4パック
  • コレバイン錠500 2回
  • ペンタサ錠3750mg
  • ミヤBM3錠
  • ビオスリー3錠


潰瘍性大腸炎を併発した時の飲む薬が無く、

担当医いわく、

「これ以上の副作用が少ない薬の組み合わせはない、次の治療の段階は、レミケード・ヒュミラ・免疫抑制剤かな」

って言ってた位なのできっと下痢を止めるという意味では飲んでもOKなんでしょう

ちなみに、今も私は飲んでいてコレバイン錠が効いているか分かりませんが、便も毎朝1回普通便が出ています。

ご参考まで。

アクセスランキングに参加中です
にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ



| その他の薬 | comments(0) | trackback(0)
スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook