当たり前ですが、クローン病でもなんの病気でも恋愛は自由であり、結婚も出来ます。そして結婚式も・・・
ですが、私達IBDの患者は、食事制限・下痢が付きもので、3時間弱の結婚式でも山場の連続!!

その結婚式をどうやって乗り越えたか(大げさですが)これから結婚式を迎えるクローン病・潰瘍性大腸炎の患者さんの参考になればと思い、記載したいと思います。

下痢対策
結婚式前は、原因不明(CRPが0.0なのに下痢がずっと続く)の下痢が一日4回位続いていました。
そこで担当医に相談したところ、
担当医「取り敢えずロペミン飲むしか無いね(ΦωΦ)」
それが私の初めてのロペミンとの出会いでした。

「お守り代わり。それがロペミンカプセル」

取り敢えず、挙式の新郎入場が始まる直前に飲む!
これで準備は万端です!

それと食事は、取らないほうが良いです。
当たり食材を食べると、数分後下痢になりますからね・・・

私の行った会場では、結婚式後に同じ料理を出してくれる場所で大変助かりました。

歓談時のお酌
お酌は最近は、飲めないという人や飲まなくてはいけない!っていう文化が温和されてきたせいか、プランナーの方に相談したら、脇にバケツがあるので、そこに入れれて形式だけ頂いておけばOK!ってことみたいです。
実際に私もお酒を注がれましたが、1口も飲まずにバケツに捨ててました。
ケーキカット(ファーストバイト)
結婚式の恒例行事「ケーキカット」。
ケーキをカットし、新郎新婦がお互いにカットしたケーキを食べさせ合い、来賓客がその光景を写真で撮るってやつです。

これが一番悩みましたね・・・
ケーキ何てクローン病になってから食べた時無い私。むしろ私の中では、ケーキは食べなくても良い部類の食品です。
そんな食品を下痢になるか瀬戸際の結婚式でどうやって回避しようか悩みました・・・

そこで考えたのが・・・・



抽選式ファーストバイトです!

抽選式ファーストバイトとは
抽選箱を用意し、そこに来賓客の名前が入った紙を用意します。
結婚式の抽選箱

そして新郎新婦がそれぞれクジを引き、カットしたケーキを来賓客に食べさせるってやつです。
クローン病患者の結婚式 ファーストバイト
ポイントしては、抽選箱に、ノリがよさそうな人の名前を決め打ちで用意して、混乱を避けるのがポイントです。
公平にやってしまうと、会社の上司とかになったら悲惨ですからね・・・(笑)
これは結構盛り上がってたと思います。
気持ちの問題
後は、結婚式・披露宴をひたすら楽しむことですね!

緊張するかとは思いますが、3時間半何てあっという間に過ぎます。
緊張を和らげるのには、式場の方に正直に病気の事を話し、手助けしてもらうのが一番ではないかなと。。。

私達の結婚式のコンセプトは「来賓客に楽しんで頂ける結婚式」そう伝えた結果・・・

私はこんな格好をさせられましたが^^;













ピンクのエプロン



アクセスランキングに参加中です
にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ



| クローン病コラム | comments(2) | trackback(0)
 【タグ】:クローン病 

▶ この記事のコメント

素晴らしい内容のブログですね。
このネタ、自分も書こうと思ったことありましたよ。
確かにプレッシャー大きかったですね笑。
緊張したなあ。
2013.06.09 22:44 | URL | ドン #- [edit]
> ドンさん
こんにちは!
コメント有難うございます!

結婚式は一大イベントですよね。
でも数年たつとすっかり皆に忘れさられてしまう・・・
他の友人の結婚式とかあるので・・・(笑)

なので失敗してもドンマイで終わりますよね(笑)
2013.06.10 11:39 | URL | ペコ #- [edit]

▶ この記事に対するコメントの投稿


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:
スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook