レミケードが主流になる前のクローン病・潰瘍性大腸炎の患者の人は、皆さん入院するとだいたいIVH(中心静脈栄養法)を行った事があると思います。

これは完全に絶食をする時に、良く使われ、私も1~2ヶ月使った時あります。

このIVHのカテーテルを付ける時って結構痛いんですよね・・・
部分麻酔をして行うんですが、私がやられたのが新人先生(笑)

何回もごめんねごめんね~って言われました。

そんなIVHの思い出なのですが、もちろん縫うので傷跡が残ります。
猫の引っかき傷みたいなやつですね。

これが14年後になると、どんな風になるのか写真を撮ってみました。
その写真がこちらです。

IVHの傷跡

パッと見、全然わかりません。

数年は結構目立ってたんですけどね。
いつの間にか違和感が無くなりました。
なので、IVHの傷跡は、そんなに気にする必要は無いのではないでしょうか?

傷跡よりもベテランの先生に取り付けて貰う方がよっぽど重要ですよ!

アクセスランキングに参加中です
ブログランキング・にほんブログ村へ

▶ この記事のコメント

僕も入院中はIVHしてました。

僕の場合は首元にやって今でもその後は残ってます。

麻酔してても管を通すときに血管に触れる感触があってそれが苦手でした。

2013.08.29 17:33 | URL | クレソン #0muI65og [edit]
> クレソンさん
こんにちは!
コメントありがとうございます!

首元ですか・・・
何かそっちのほうが怖そうです(汗

私は明らかに骨に当たっている感覚があって怖かったですね
ゴリゴリゴリって音が生々しい・・・(笑)
2013.08.29 22:17 | URL | ペコ #- [edit]
え~傷目立たないじゃないですかあー
私なんか、右鎖骨下に、がっちりケロイド状で残ってますよ
確かにアレは、上手な先生にいれてもらわないと、死にそうになります
あたしも過去、ドヘタクソな内科医?かわからんが入れられて、痛い息できないって涙流して訴えてるのに無視で、異常なくらい汗かきながらグイグイグイグイ
見かねた看護師さんが止めにはいったような
まだ若かったから強く言えませんでしたが、そのあと普通に息できなくなりました
肺の神経?みたいなのを傷つけたとかなんとか
はい、二日後麻酔科医がなんなく一発でイン
後光がさして見えましたよ

いまだにあのグイグイ医者の顔は覚えてますね

傷あとは、クローンと闘った証(腹にも証がありますが)
もう二度とつけたくない証ですね
2013.08.30 19:47 | URL | 20年生 #- [edit]
> 20年生さん
こんにちは!
コメントありがとうございます!

やっぱり先生は大事ですよね・・・
これ系の奴(GCAPも含む)って医師の技術力がモロに出ますからね(汗

何回失敗してるノォ~って(笑)

IVHはやりたくないですね・・・
でもしないと長期間の絶食は無理だし・・・

悩ましいところですね
2013.08.30 23:01 | URL | ペコ #- [edit]

▶ この記事に対するコメントの投稿


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:
スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook