大腸の病気 最新情報「クローン病」って題材でNHKのきょうの健康という番組にクローン病が取り上げられていました。

http://www.nhk.or.jp/kenko/kenkotoday/archives/2013/11/1114.html

説明されていたのは、東邦大学医療センター佐倉病院 教授 鈴木康夫 先生で、IBDの専門医の中では有名人です。

15分間の短い番組ではありましたが、クローン病の治療方法がわかりやすく説明されていました。
特に目新しい治療法は、おっしゃっていられなかったのですが、15分の間で一番印象に残ったのが

「出来るだけ早く専門医が居る医療機関に受診してください」

という言葉でした。

ここで紹介されていた患者は、小腸型クローン病で最初は、大腸病変が無かったので過敏性腸症候群と診断された後、1年後に成長障害と診断され詳しい検査の後、クローン病と診断されたそうです。

その後、狭窄の手術をし、現在元気に過ごしているとのこと。

まさに、私と一緒の経過を辿っていました。
やっぱり、最初の診断が大事なんだなぁッて思いましたね・・・

私も診断されるまで1年かかりました。
その1年で取り返しの付かない所まで狭窄が進んでしまい、その10年後手術・・・

もっと早く分かっていたら手術を回避出来たかも知れません・・・

やはり、早めの治療

何をするのにもこれにかぎりますよね!

アクセスランキングに参加中です
ブログランキング・にほんブログ村へ

▶ この記事のコメント

ぺこさんこんにちは。

私も見ました!
とても分かりやすい番組でしたね(*^-^)

私の場合は、診断が付くまでに長い歳月がかかりましたが
運が良かったんだなーと思います。
狭窄も出来なかったし!

でも、みなさんがそういう訳じゃないので
やはり早めに専門へ・・・と思いますね!

2013.11.17 07:11 | URL | 美ぃ #k9MHGdfk [edit]
> 美ぃさん
こんにちは!
コメント有難うございます!

ですよね!
私の場合、診断がついた時ほっとしましたし(笑)
原因不明の病気でも、他に同じ病気の人がいるって事が解ると、少しは安心しますよね
頭のなかで癌って文字が診断されるまでずっと浮かんでました(笑)
今だから~ってやつですが
2013.11.17 22:01 | URL | ペコ #- [edit]

▶ この記事に対するコメントの投稿


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:
スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook