ヒュミラをやるために、大腸内視鏡検査と胸部CTを受けてきました。

まずは大腸内視鏡検査の結果から


直腸あたりで挿入を断念>_<

炎症が強すぎて奥まで見れませんでした。

でも改めてわかったことは・・・・



私は潰瘍性大腸炎であるということです。

以前のクローン病の診断が間違ってたんじゃない?みたいな言われよう。

奥まで見なかったのですが、全大腸炎型みたいです _| ̄|○

まぁしょうがないですね。

主だった出血が特になかっただけでも良しとしましょう



次に胸部CTの検査結果



まずはツベルクリン反応を見てもらい、陽性ですねと言われる。

まぁこれは覚悟してました。

しかし、胸部CTの結果が良くなかったです。

どうやら胸に結核っぽい後があるみたい。
これが活動性のやつなのか、既に治ったものなのかは消化器内科の先生では分からないみたいで、
次週診察の時に教えてもらう予定です。

よって、3週間ヒュミラはお預けに(泣)

取り敢えず3週間イスコチン錠を飲むみたいです。

3週間・・・・・・・



とてもじゃないけど今の薬じゃ持ちそうに無いので、プレドニン服用ですね。

味噌汁を飲むと3時間後にそっくりそのまま激痛と共に出てくる始末^^;
改めてエレンタールってお腹に優しいなって思いました。

取り敢えず、来週の肺の結果待ちであります

プレドニンは飲みたくは無かったけど、下痢&エレンタールで3週間過ごすには、夏は辛すぎます。

| 通院記録 | comments(0) | trackback(0)
スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook