お休み中のりくちゃん
普段妻がいる時は、私に寄り付かなくなった息子の陸ちゃんですが、今日はやけにお父さんお父さん連呼するな~と思ってたら熱が38度5分まで上がってダウン(~_~;)

普段だと妻が休んで面倒みることになっているのですが、今回は私がみることになりました。

クローン病は、ずっと通院しなければならない病気であり、定期検査が寛解への第一歩でもあります。
また、健常者と比較すれば体調不良が起きやすく、風邪ならまだいいですが、入院やこういった予期せぬ休みなどに対処するには、いかに有給休暇を大事に使うかが肝になってきます。

そこでクローン病歴10数年の私がどのような考えで有給を取っているか記載したいと思います。
と言っても別に大したことじゃありませんが(笑)

基本理念

クローン病は、再燃、寛解を繰り返す病気であり現在の医学では治りません。
そして、現在はヒュミラやレミケードなどの素晴らしい薬が開発されたことにより、再燃率が低くなっては来ましたが、依然手術の可能性は高く、念頭に置いておかなければならないでしょう。
また、現在薬で維持出来ていても薬とは一般的には、使い続ければ効かなくなってくるものです。
私は現在ヒュミラを使って寛解を維持していますが、それを使用する前は数年間エレンタールのみで寛解を維持していました。しかし、エレンタールのみでは、寛解を維持することが出来なくなり今に至っています。

なので、再燃・手術に備えなければいけません。
普通の人ならば、病気の備えとして保険という選択肢もあるかもしれませんが、保険はやはり入りづらいです。(私は三井生命に入っています。【クローン病でも生命保険 】)
そこで、極力現在の会社に勤めていたいのならば有給休暇をなるべく使わないのが基本であります。

有給休暇の使い方

これらを踏まえた上で、私は以下の様な使い方をしています。
通院時は午前半休
私は1ヶ月に1回の通院なのですが、通院時は早い時間の午前中にしています。
理由としては、午前は混んでいますが、午前にすることで午後+残業で半日分をカバーするやり方です。
もし、どうしても有給が少なくなった時に、このやり方で午前分の休みを帳消しにしてと上司に交渉が出来ます。
振替休暇みたいなやり方ですね。
私用での休みは取らない
有給は限りあるものです。もしもが高い私達IBD患者は、やはり可能な限り有給は保持しておくべきでしょう。
余るくらいが丁度いいですね。
なので旅行や行楽地などは平日に行ったほうが空いていていいのでしょうが、第一に考えるべきは仕事です。
仕事が無くなれば旅行も行けませんからね。
学生の人達はずる休みをしない
これは当たり前のようですが、意外と守っていないと大変な事になります。
留年するほどストレスになるものは無いですからね・・・
私はそのおかげでクローン病になって3ヶ月休みましたが留年はしませんでした。

まとめ

まぁ、当たり前?な事をずらずら書いてますが、大事なのは自分は病気なんだという自覚なんだと思っています。
それにより必然的に取るべき行動が決まってくるのではないでしょうか?
再燃しないが一番いいのですけどね~

ご参考までに!

アクセスランキングに参加中です
ブログランキング・にほんブログ村へ

| クローン病コラム | comments(2) | trackback(0)
 【タグ】:クローン病 

▶ この記事のコメント

陸ちゃん良くなりましたか?
子供は急に具合悪くなるので、共働きは大変ですね。

というか、私たちクロンも急に悪くなりますが・・・

今回の記事、とても参考になります。
私はパート主婦ですが、やはり遊びなどで休みを取ることは控えています。

だって急に悪くなったとき休んじゃうから。

ありがたいことに、今のところは大丈夫ですが
ペコさんの、以前エレンタールだけで頑張ってきたけど
エレンタールだけじゃ、寛解を維持出来なくなった!・・・・というコトを聞くと

やはり、この先絶対の安心はないんだと思いましたね~
2014.06.26 21:24 | URL | 美ぃ*  #- [edit]
> 美ぃ*さん

こんにちは!
コメント有難うございます!

陸ちゃんは直ぐに元気になりましたよ!
休んだ意味がないわ~って位に(笑)

大腸の方に病変が行くとエレンタールが効きづらいらしいです。
結局悪化する時は悪化しちゃうので細長く生きるかパァって満喫しちゃうかどっちかですね(笑)
後が怖いですが(笑)
2014.06.26 23:10 | URL | ペコ #- [edit]

▶ この記事に対するコメントの投稿


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:
スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook