営業
毎年、生命保険屋さんから体調の変化と給付金漏れの確認の連絡が来ます。
今年は、引っ越したため保険担当者が変わるということで、挨拶がてらに直に会ってお話したいと連絡がありました。

正直面倒臭かったのですが、まぁ何かあった時のために会っておいたほうがいいかなと思い会うことにしました。

そして会って所定手続きの開始。

担当者「お体に変化はございませんか?」
私「はい。大丈夫です」
担当者「入院等での給付金の漏れはございませんか?」
私「はい。大丈夫です(よし。終わり~)」

担当者「では、ちょっと営業的な話をしてもいいですか?」

私「あ、はいどうぞ(え・・・?興味無いんだけど・・・)」

担当者「年金型保険というものがございまして・・・」
私「はい・・・」
担当者「銀行の定期預金よりお得で~・・・」

・・・10分後・・・

まだ終わらない・・・

ずっと聞いていたのですが、なかなか終わらなそうだったので根本的な質問をしてみました。

私「あの・・・それって国の特定疾患に認定されているクローン病でも入れる保険なんですか?私、該当しているのですが・・・」

担当者「え?」

そこまで流暢に商品の説明をしていた担当者が止まりました。

担当者「あ、そうなんですか・・・大変ですね・・・」

明らかに戸惑っています。

担当者「えっと、確認してみます」

私「あ、お願いします(はい。終了~)」

その後わかれた後、2週間たっても確認した結果は返って来ませんでした(笑)

クローン病は保険に入りづらいですが、誘われた時の断り文句は楽でいいですね(笑)
それが良いのか悪いのかは謎ですが^^;

まぁ、保険の勧誘の際はまずは、そもそも入れるか入れないかを聞いたほうがお互い効率がいいのでオススメします!

アクセスランキングに参加中です
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook