特定医療費(指定難病)支給認定申請書
クローン病や潰瘍性大腸炎の難病医療費助成制度の経過処置対処者になるためには以下の書類を用意して平成26年度内に提出しなければなりません。

  1. 特定医療費(師弟難病)支給認定申請書
  2. 臨床調査個人票(更新用)
  3. 特定疾患医療受給票の写し
  4. 同一世帯内被保険者全員の住民票
  5. 保険者からの情報提供にかかる同意書
  6. 世帯の所得を確認できる書類
  7. 健康保険証の写し
  8. 障害者手帳(写し)、年金証書(写し)または、診断書(重病患者認定用)
  9. 人工呼吸器等装着者であることを証明する書類
  10. 世帯内に特定医療費もしくは小児慢性特定疾病医療費の受給者がいることを証明する書類
  11. 介護保険被保険者証の写し
  12. 郵便希望の方は、205円切手

ほとんどは、役所などから頂いてくる書類ですが、自分で記載しなければならない箇所があります。

その中のひとつに「特定医療費支給認定申請書」がありまして、書き方に不明点があったので、保健所にメールで問い合わせてみました。

問い合わせた内容はこちらです。

  1. 特定医療費支給認定申請書の更新区分欄に既に新規にチェックが入っているが、更新じゃ?
  2. 受診をする医療機関名の記載の場所は、行く可能性がある医療機関は全て書く必要があるのか?
  3. 助成費はどうやって給付?


以上を問い合わせた結果、回答がありましたので、ご紹介と言う意味で記載したいと思います。

Q&A

  1. 1.届いた特定医療費支給認定申請書には既に「新規」の所に◯で囲まれているのですが、私の場合はこのまま「新規」で宜しいのでしょうか?
    また違った場合は、自身で訂正して「更新」の所に◯をつければいいのでしょうか?
    そのまま「新規」で訂正の必要はありません。
  2. 2.受診を希望する医療機関名は、可能性がある医療機関全て記載しても宜しいのでしょうか?
    例えば、病院の近くにある薬局と自宅周辺の薬局の2つ記載など
    御質問のとおり、申請内容の疾患に係る医療を受ける可能性のある医療機関等について全て記載してください。
  3. また、自己負担限度額は、各医療機関で支払い限度額を超えた分はどのような支払いになるのでしょうか?
     以下の例だとどうなりますか?
      例)上限金額が10000円で病院での支払いが8000円、薬局での支払いが4000円だった場合
        A. 患者自身で合算し後日請求というやりかた(差額2000円を返還請求)
        B. 医療機関で計算してくれて薬局での支払いが2000円になる。
    このことについては、まだ決定した方法についての連絡が千葉県から来ていません。
    受給者票と共に通知がある可能性がありますが、現状では、いつ通知するかについても連絡がまだきていない状況です。

ポイントとしては、受診する可能性がある医療機関は全て書かないと再度また申請ってなりうるということですね。
ここでは身近な薬局で例えましたが、GCAPなどは専門の透析センターしか出来ない場合もあります。
そういった場合、手続きに時間がかかり余計な労力を費やす前に事前に色々調べてから記載した方が良さそうです。

尚、千葉県は2014年10月2日現在、指定医療機関一覧表はまだ準備中とのこと。

難病の患者に対する医療等に関する法律における指定医療機関について

こんなんで1月混乱無しで切り替えできるのかな~

ご参考まで。


アクセスランキングに参加中です
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook