幼児の仁義なき戦い
トイザらスなどに行くと売っている玩具の前で実物の玩具を遊ばしてくれるスペースがありますよね。
子供達が我先にとこぞって群がるスペースです。
この場所は、大人が介入しなければ無秩序と化します・・・もしくは弱肉強食か・・・

順番・・・?そんなのは幼児には関係ありません。
ひったくりも当たり前。
ほっとけば乱闘さえなりうります。

そういった場所での遊びは私の息子・陸ちゃんは余り好きではありません。
知らない子に話しかけるのが苦手という私みたいなやつなのです。

しかし、玩具は人一倍好き。ルールはきちんと守ります。

順番になるまでじっと待つ・・・

待つ・・・

待つ・・・

そして順番が来たら遊びまくる!!

ここまでは普通の大人の社会でもあることです。
順番を守る・・・一般人の証拠です。


しかしイレギュラーはつきもの。

幼児の登場です!
幼児はお構いなしにひったくってきます。

すると陸ちゃんはどうするかというと・・・・



玩具を直ぐに抱きしめて確保です!

これは今俺はこの玩具で遊んでるんだ!やらないぞ!という強い意志でもあります。
しかも無言(笑)

大人にも頼らず一人孤独に戦う男「陸」
親に助けを求めないのが凄いです

その時の親である私は、相手が幼児で揉め事が起きない場合は温かい目で見守っています。
親としての対応は色々とあると思うんですよね。

  1. 相手は小さい子だから貸してあげなさいという
  2. 一緒に仲良く遊んだらという
  3. 違う物で釣って別の場所へ行く
  4. etc・・


どれか正解なのかは解りませんが、私は子供の意志を尊重したいな~って思っています。
もちろん間違っていたら突っ込みますが(笑)

まぁ・・・こういった場面が多いので疲れますね(笑)

アクセスランキングに参加中です
ブログランキング・にほんブログ村へ

| 育児日記 | comments(0) | trackback(0)
 【タグ】:育児 
スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook