関越トンネルの事故
従姉妹の結婚式に家族で呼ばれたので新潟に帰省することになりました。
千葉から新潟まで頑張っても車で4時間30分以上かかってしまう道のり。
小さい子供がいると大変なので妻と息子は先に新幹線で帰省し、私は仕事が終わったら夜中を高速道路で帰ることにしました。

途中まで順調すぎて、トイレ休憩もしないまま一気に関越トンネル手前まで来ました。
そこで事件が起きました・・・

関越トンネルを入ると見慣れない警報が響いています。

警報「火事が発生しました。至急止まって下さい」


な、なに!!!!

ま、まじかいな・・・・

ただでさえ渋滞嫌いなクローン病な私。
だから敢えて夜中に移動しているのですが、事故は想定外です。

しかも、トンネル内!!!

色々頭をよぎります・・・

ただでさえそんな状態なのに、止まれって・・・
夜中なので他の車も居ない状態で止まるのも追突されそうで怖いし、でもそのまま進んで火事に巻き込まれて死ぬのも怖い・・・

どうしよう

どうしよう

どうしよう・・・×100

と徐行しながら考えている間に前の車が見えてきて、動けない状態になりました。

取り敢えず、お腹と相談・・・

私「おい!後数時間いけるか?」

お腹「フッ・・・愚問だな、いけると言ったらそれを信じるのか?」

私「だよな・・・1時間後にはどうなるかわからないしな・・・」

お腹と会話する私。テンパってます。
ということで、いざという時のためにビニール袋を用意して、気を紛らわすためにスマホをいじってました。
他の人は興味本位かどうか解りませんが、車から外へ出て様子を見に行ってるみたいです。

しかし、ビビリーな私は、外へ出て他の車に引かれるかもと思い、じっとしてました。
すると、次々に救急車やら消防車、パトカーがガンガンと来るではありませんか!!!

本当にドキドキしました。

1時間後無事に通行止めが解除され、先へ進めたわけですが、久しぶりに怖い思いをしましたね・・・
まぁ思ったのは、危ないから止まれって言われても危ない現実を見なければ人は止まらないってことですね^^;

アクセスランキングに参加中です
ブログランキング・にほんブログ村へ

| クローン病の日記 | comments(2) | trackback(0)
 【タグ】:クローン病 
スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook