メサラジン注腸
病院の方針で基本ジェネリック薬品の処方になったことでペンタサ注腸がメサラジン注腸1g「JG」というものに変わりました。
薬の成分的には全く一緒でコンパクトになり挿入し易い形になっています。
セットの仕方も非常に楽になっていますが、きちんとノズルをつけないと脇からこぼれて来るのが難点です。

しかし、ペンタサ注腸の使用後に入れる袋からも開放されます・・・・

あの絵と行ったら衝撃的ですからね・・・
袋で説明する必要あるのか!とい突っ込みたくなるほどに・・・

ペンタサ注腸の袋

基本メサラジン注腸も挿入方法は一緒でキシロカインゼリーを塗って挿すだけですが、メサラジン注腸を使用してから失敗ばかりです。

就寝前に挿入をして1時間後位にトイレに駆け込む日々・・・
どうも我慢出来ません。
たった1時間だと薬の効果も意味無いですね・・・
3日に1回のペースで使用しているので、そのせいで寝不足とまではいきませんが・・・

ペンタサ注腸だと上手く行っていたんだけどな~

もう少し経過観察したいと思います。
ダメだったらペンタサ注腸に戻そうかなと思っています。

アクセスランキングに参加中です
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook