腹痛
クローン病や潰瘍性大腸炎の一番の大きな悩みはやはり何度も来る排便でしょう・・・
迫り来る突如の排便・・・
何処へ行っても・・・いや、もっと言ってしまえば生きていく上でずっと・・・
そんな突如の下痢に悩まされる人に取って便利そうな商品が発売されるそうです。
その名は「DFree」というスマホと連動したウェアラブルデバイスです。
「DFree」とは
排泄を予知するウェアラブルデバイスの「DFree」は、超音波センサーで、体内の動きをモニター・分析して、排尿、排便のタイミングを予知する仕組みです。
  1. 内蔵された超音波センサーで排尿、排便のタイミングを予測
  2. スマホアプリと連携。「あと●●分で出ます」とお知らせします
  3. アプリが排泄の時間を記録して学習。より適切なタイミングでトイレの時間をお知らせします
情報元: 世界初!排泄予知ウェアラブル「DFree」先行予約、受付開始!(トリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社) - READYFOR (レディーフォー)
これ・・・なかなか活気的ではありませんか?
IBDの排便は腸が炎症で物凄く活発に動いているのかな?って思っていたのでこれが本当に実用的であれば、気軽に外に出たり色々トイレ準備が出来そうで凄くQOLが上がると思うのですが・・・
10分前にわかれば漏れる可能性も低くなりますし、電車やバスや飛行機など拘束される場所でより強い便意が来る私に取って救世主になりうるかも・・・・?

気休め程度かもしれませんが試してみる価値はありそうです。

なお、既に2015年4月24日予約販売が開始されていて価格は2万4000円、2016年4月出荷予定みたいです。
来年か~
でもこれは流行りそうですね!

▶ この記事のコメント

気にはなってたんだけど、「排便まで15分です」だったら役立つけど、「排便まで1分もありません」って出たらなんだかどっちにしても絶望のような気がします(笑)。
どのような使い勝手になるか評判を待ちたいところです。
2015.04.26 09:10 | URL | ドン #- [edit]
> ドンさん
こんにちは!
コメント有難うございます!

私は出た後に直ぐに後10分後に・・・が繰り返されたらトイレから出れなくなるなって思いました(笑)
値段的にはお試し~としてはちょっと高いですね
しかもIBDに焦点を合わせると、ストマありやら再燃期やら色々パターンがありそうで、どこまで信頼していいものかってのもありますが、期待はしたいですね(笑)
2015.04.26 19:58 | URL | ペコ #- [edit]
初めまして。しんまいパパと申します。


私の義弟が潰瘍性大腸炎で、現在治療中です。


クローン病については名前を聞いた程度の知識なので、貴ブログで勉強させていただこうと思いました。


あと、真に勝手ですが、リンクさせていただきました。


これからもたびたびお邪魔させていただきたいと思いますので、宜しくお願いいたします。
2015.04.27 17:37 | URL | しんまいパパ #- [edit]
> しんまいパパさん
はじめまして。こんにちは!
大したこと書いておりませんが、今後ともよろしくお願いします!
2015.04.27 22:03 | URL | ペコ #- [edit]

▶ この記事に対するコメントの投稿


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:
スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook