千葉大学医学部附属病院の中
私が通っている千葉大学医学部付属病院は、ここ最近は建物からシステムまで全てリニューアルが進められています。
特にシステム面のグレードアップが凄くて、前までは問診待ちの時いつ呼ばれるかな~ってずっと待合室のモニターを眺めていたものですが、今ではメールアドレスを登録すると自動的に表示された時通知メールが来るような仕掛けです。

これによりギリギリまでコンビニなどで時間を潰すことが出来るようになりました。

そして採血のシステムも新しくなり、今までの採血開始時刻前の流れは・・・
  1. 採血室前に設置してある機械から順番が記載されてある紙を取る
  2. 採血開始時刻になるとオジサンが登場し、順番を言う
  3. 順番が呼ばれたら採血受付機で受付をし、採血番号を取得
  4. 採血番号が呼ばれる
  5. 採血

今回からは・・・
  1. 診察の受診受付
  2. 採血開始時刻になるとオジサン登場し、診察受付の時の番号を言う
  3. 順番が呼ばれたら採血受付機で受付をし、採血番号を取得
  4. 採血番号が呼ばれる
  5. 採血


流れ的にはあまり変わっていないのですが、違いとしてはどの番号で呼ばれるかです。
これがまだ浸透していないがために、オジサン質問されすぎて大忙し(笑)
しかも採血しに来た人だけの番号を呼ぶならまだしも、新しいシステムは診察に来た人の全てを通番で読んでいくのでかなり無駄な労力を費やしています。

大変そうだな~って思い、採血受付をし、採血室で順番を待っていると・・
私は44番だったのですが、呼ばれているのは48番・・・・

あれ?飛ばされてる!

って思いつつ、周囲の様子を見る私。
たまたまよそ見をしてて見落としたのかもしれないしな・・・・
なんて思っていると、ひとりのお爺さんが・・・

「おい!番号とばされているよ!どうしてくれるんだよ!」

と怒っております・・・

そしたら慌ただしくなり、アレヤコレヤ看護士方々騒然・・・

10分後・・・・

結局、システムの操作を間違ってしまったっていう落ちだったのですが、看護士の人もなれない操作で大変だな~っていう一幕でした。
さて、今回の問診の結果はこちらです。
報告内容
  • ロペミンを服用するようになり、下痢の症状は安定してきた。しかし、ロペミンは欠かせない
採血結果
  • CRP:0.0 前回より+0.0
  • WBC:7.7 前回より+1.0
  • HGB:13.9 前回より-0.3
  • GPT:20 前回より-4
  • 採血履歴はこちら
医師の所見
  • 暑いので熱中症にならないように頑張りましょう
今後の治療方針
  • 頑張って~

軽い感じで終了。
私も特に聞きたいことも無かったのですが、採血結果が綺麗に印刷されるようになりました。

採血結果

便利になるのも良いのですが、お年寄りにとってはこういった変化は大変かもしれませんね・・・
スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook