鬼軍曹の審判
私の息子・陸ちゃんはまだ未就学児ですが、小学生に混じって一緒にサッカーをしています。
最近の小学生のサッカーの審判は、サッカー教室の指導者の人達がやるところもあるのですが、多くは引率の親達がやることが多いそうです。

陸ちゃんが通っているサッカー教室でも同様で親が審判を行うことになっております。
当番制みたいなものですね。

となると、当然の事ながら我が家にも審判の順番が回ってくるわけです。
ここでやらないという選択肢はありません。

ではどうなるかというと・・・

鬼軍曹こと私の妻がやることになりました!
私はお腹が不安で審判なんてやってられません!

「ピピー!審判交代!」

なんて言ってられませんからね^^;
そこで登場したのが親分肌の鬼軍曹であります。

鬼軍曹「しょうがねーから俺様がやってやる」

頼もしいです。

日頃から我が家で指示を出しまくっている鬼軍曹。
並ばせる指示や絶対君主的な役割は大得意です。

鬼軍曹「早く並べゴラァ!聞いているんかぁ!?」

と・・・言っているのでしょう・・・
私と陸ちゃんは遠くでそんな鬼軍曹のことをみていたのですが・・・

陸ちゃん「おなかへったからご飯食べよう」

と鬼軍曹よりお昼ご飯に興味がある様子・・・
結局、陸ちゃんとあーだこーだ言っていたら試合が終わってしまいました。

鬼軍曹「俺様の審判どうだった?」

見ていなかったとも言えず・・・・

私「流石でした~」

と適当に答えておきました^^;

次回もまた任せるとしよう・・・・

ちなみに女性審判は珍しくもなく、他のチームのお母さんもやっていました。
私が小学生の時とだいぶ環境も変わってきているなぁって思いました

| 育児日記 | comments(2) | trackback(0)
 【タグ】:育児 
スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook