モビプレップ
前回の通院で特定疾患(指定難病医療費助成申請)の更新のため内視鏡の検査をしようと思い予約しました。
その検査と検査結果がわかったのでここにてご紹介しようと思います。

何かと忙しく結構日が空いてしまったのですが、1ヶ月くらい前の出来事です。

ダブルバルーン内視鏡前夜

ダブルバルーン内視鏡をやる前日は、検査食を食べ、20時前までに食べ終わらなければなりません。そして寝る前に下剤を飲み明日の検査に備えるわけです。
しかし、常に低残渣食を食べている私は下剤いらずの低燃費。

検査は1日かかるので、翌日分もエレンタールで補給するのであります。

検査当日

私が通っている病院では、午前中下剤(モビプレップ)飲み、午後から内視鏡と言う段取りとなっています。
モビプレップは飲みやすく、直ぐに腸が綺麗になるので楽で良いですね



出来れば直ぐに腸が綺麗になったら開始したいのですが、今回も開始が14時からと言う下剤を飲み終わったから2時間後でした・・・

検査


ようやく呼ばれお尻がパックリ割れている検査着に着替え調理台の上に

今回は、強い痛み止めを使うと言う話になっていたので、どうなるかな?と少しドキドキでいたのですが、検査開始して5分後・・・


気がついたら病室にいました(笑)
どうやら速攻で寝てしまったらしいです。
いつもは、医師と一緒に腸の中を見て話しながらやるので、だいたいの結果がわかるのですが、今回は結果が全くわからないと来てますので次回の通院日がドキドキでした。

検査結果

そしていよいよ検査結果を聞く日が来ました。
結果は・・・
所見
  • 吻合部より細強の挿入 骨盤内に癒着あるが、 挿入条件の困難さはなし
  • 【小腸】:挿入範囲に特記所見なし
  • ガストログラフイン造影では3m程の評価を施行
    →狭窄、 潰癌など認めない
  • 吻合部 (側側吻合) の周囲に3ヶ所浅い潰嬢あり。 潰癌周囲には限局するアフタびらんあり。 潰場より生検①施行。
  • 【結陽】:粘膜障害所見および廠痕所見ともに認めない。
    直腸ー虹門部に痔痩所見なし。 皮垂および内痔核を認めるのみ。
診断
  • #クローン病
  • #回盲部切除後
  • 小潰癌を吻合部に認めますが、 以前の所見と著変ありません。

やっぱりクローン病っぽいです。
小潰癌と書いてあり一瞬びびったのですが、病理検査の結果、慢性炎症細胞浸潤を伴ってびらんを呈する小腸粘膜らしいです。
まぁただのビランってことなのかな?

取り敢えず数年ぶりのダブルバルーンは無事に終わり、結果も良好でありました。
検査後1周間は下痢に悩まされたのですが、今では元通りで快腸に過ごせております。
スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook