歯
ずっと右奥歯のあたりが痛く悩んでいたのですが、ふと鏡を見てみると奥の方に口内炎みたいなものが・・・!
これはもしや口内炎??
となるとクローン病であるあるの口内炎か!?

私もクローン病と診断される前は口の中に口内炎が10個位できていたので、クローン病関連か!?と疑うのも道理・・・
通院の際、担当医にそのことを相談すると、ヒュミラを使用していて内視鏡も綺麗だったのでクローン病の口内炎とは考えにくい。

今だったら院内紹介で口腔外科を紹介してあげるので今日いってきますか?と言われたので

即答で「いきます!」

と返事をして行ってきました!

院内紹介の手順

私の通っている大学病院では院内紹介というものをやっております。
ようは同じ病院内の別の科から別の科へ紹介状を出してあげるよっていう内容です。

そこには条件があり、新患(初診)と同様な扱いとなり新患受診時間で無くてはならないのと、他病院からの紹介状ではないのでお金が紹介状無しの値段になる可能性があるということです。

その値段なんと10,800円!

かなりの高額です。
しかし、他の歯科で原因はずっと不明と言われていたので意を決して受診することにしました。

問診

まずは問診からです。
私の今回の症状としてはこちらです。
  • 半年前からずっと右奥歯のあたりが痛い
  • かなりの頻度で頬を噛む
  • たまたま奥歯のあたりに口内炎みたいなものを見つけたため、原因を知りたい

大学病院なのでまずは研修医の方が登場し、問診をしてくれます。
その後、口の中を丁寧に見てもらって、親分の先生が登場。
該当の炎症箇所を発見してくれました。

私が通っている歯科は炎症すら見つけてくれなかったので、だいぶ期待が持てます!!!

その後、まずはレントゲン取ってみましょうということで、レントゲン室へ・・・

レントゲンの検査結果

レントゲンの検査は直ぐに結果が出ます。
その結果は・・・
  • 奥歯の親知らずが上下両方生えてきて、それが原因で歯を噛んでしまっています。
  • 口内炎は脂肪の塊ですので心配しなくて大丈夫です。
  • 奥歯の痛みは歯を噛んでしまうことによる炎症ですので噛まないようになれば治る可能性があります。
  • もし治したいならば、まずは上の抜きやすい親知らずを抜いて、それでも治らなかったら横に生えている下の親知らずを抜きましょう。ただし下の歯は抜くのは大変です。
  • この症状は悪い病気(癌など)ではないと思いますよ

抜けば治るかも・・・と言われて心が揺らいだのですが、親知らずを抜いた際に鼻腔と貫通したりすることが稀にあるという話を聞いてビビってしまい・・・・

私「いや・・・結構です!」

と即答し、帰りました(笑)

今回の症状が癌などの病気ではないと分かっただけで大満足です。
これで悩みが少しだけ減りました。

後は、親知らずを抜く決心ができたらまた大学病院に行こうかな・・・

| 通院記録 | comments(0) | trackback(0)
 【タグ】:クローン病 
スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook