アトリエ
息子の陸ちゃんが小学生になり初めての夏休みが終わろうとしております。
約1ヶ月ちょっとですが、長かったようで短かったようで・・・・
まぁ大人に取ってはあっという間、陸ちゃんに取っては物凄く長かったことでしょう。

さて、夏休みと言ったら楽しいことだけではありません。
そう、それは・・・・


夏休みの宿題です!

誰もが通る道・・・夏休みの宿題。

小学1年生の夏休みの宿題はこちらです。

  1. 計算カード(足し算・引き算)
  2. お手伝い
  3. 朗読
  4. 絵日記
  5. 自由研究
  6. プリント(算数・ひらがな)数枚

1~3までは毎日、そして自由研究はまぁ何でもOKっていう感じではあるのですが、何かについて調べるということになると、普通の実験レポートのように章立てをして構成しなければいけません。
はっきりいって面倒くさいです。

しかし、陸ちゃんがやりたいことと言ったら・・・

陸ちゃん「陸が住んでいる地域のお化けについて調べたい!」ハート

私「はい却下!」

出来れば挑戦させてあげたいのですが、途中で飽きるに決まってます。
しかも、何でやりたいかって聞いたら友達がやるって言ってたから・・・

だそうです。そこの強い希望はありません。

ということで、アンデルセン公園の子ども美術館ゾーンの木のアトリエで行っていた粘土で貯金箱作りを自由研究とすることにしました。

木のアトリエ

木のアトリエでは、費用自由工作:600円、木のねんど工作:700円で教材を渡されます。
それを同施設内で備え付けてある工具を使って加工することが出来、飾り付けなどは、ボタンや木などの小物が各点数付けされており、合計点が30点までなら好きなだけ使っていいという感じです。
これを自前で用意するとなると大変な作業になるのですが、ここでしたら手ぶらで来れるのがいいですね。

今回の教材は粘土で貯金箱

ねんど工作なので700円で一式を購入。
渡されたものは、紙粘土と貯金箱の型です。

この型に紙粘土をくっつけて貯金箱を作ります。

今回のテーマは・・・・・

恐竜!

というのも陸ちゃんは恐竜が好きなのと、サンプルとして恐竜の貯金箱が展示してあったのでそれを真似ただけであります(笑)

そして出来上がったのがこちらです。

自由研究教材

土台の粘土は陸ちゃんがくっつけて、それを恐竜の形に私が整えました。
ちなみに恐竜の上に乗っかっている蛇は陸ちゃんが作りました。

ポイントとしては、仕上げに水に粘土を濡らしてシワを取るというところでしょうか・・・

たった数時間で自由研究が終わったのでこれで無事に学校にいけます。
さて明日からまた学校・・・

戦場の始まりです。

家族一丸となって頑張らねば!

| 育児日記 | comments(0) | trackback(0)
 【タグ】:育児 
スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook