難病患者援助金制度
難病患者援助金というものをご存知でしょうか?
自治体で行っている医療補助金制度です。

これは全ての自治体で行っているわけではなく、自治体によって様々であります。
医療補助金の幅は様々でありまして、所得条件など対象となる患者さんは限られているのですが、多いところでは月、15,000円も給付していただける自治体もあるのです。

年に換算すると

15,000×12 = 180,000円

これ・・・大金ですよね?
例として私が知っている自治体で葛飾区では月15,500円の給付があります。

高額です。

マンションを買うにあたり、こういった制度も色々調べました。
マンションを買うということは、長期間ずっと住み続けるということです。

10年だとすると全くもらえない自治体と比較すれば180万円も違います。

10年続く制度とはとてもじゃないけど思えませんが(クローン病や潰瘍性大腸炎だって難病指定から除外されるという噂は付きまとってます)、住まいを選ぶにあたり調べてみると良いのではないでしょうか?

ちなみに私の住んでいる自治体は月額5,000円。
しかも通院したら5,000円であり、通院がなかった場合には0円です。
入院したら10,000円です。

今後医療費はどんどん増えていくことでしょう。
そうなった場合、少しでも貰えるということは先行き不安な私達難病患者にとって大変有り難いことです。


取り敢えず、葛飾区・・・・羨ましいぃ・・・

尚、今度転院するので書類を転院前に書いてもらわねば・・・
スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook