平成28年度指定難病受給者証
そろそろ去年分である平成27年度の特定医療費(指定難病)受給者証の有効期限が切れる頃になりました。
毎年、切れるギリギリのあたりに受診をし受給者証が届くのが遅れても大丈夫なようにしているのですが、今年はいつもより早く届いた感じがありますね。

これもマイナンバーになったからでしょうかね?

6月の始めあたりに提出したので、その分早く来ただけなのかもしれません。


さて、まずは私自身がクローン病で受給者の対象となったことに、ほっとしました。
今年はIBDスコアが2だったので・・・

IBDスコア2と言ったらほぼ寛解ですから漏れる可能性だってあります。
まぁこの2っていうのもエレンタール及びヒュミラ有りきの話であって、高額なお薬達にほぼ依存している状態ですから、指定難病に漏れたらと思うと・・・・ぞっとしちゃいます。

平成27年度との比較

去年の受給者証の階層区分は「一般I」で月の自己負担上限額は5、000円
今年の私は階層区分は「一般Ⅱ」で月の自己負担上限額は10,000円。

毎月通院すると仮定すると、60,000円の出費増です。

_| ̄|○

これがアベノミクスによって会社の業績があがり昇給!みたいな感じだったらまだいいんですが、今回所得が増えたのは、たまたま会社で買った株が当たって売却しただけ・・・

つまりただの株の儲けであります。
一時収入なので継続的ではなく・・・

あぁ・・・お金が欲しい・・・・

まぁそれより一番つらいのは、今回転院を考慮して転院の可能性のある医療機関を片っ端から書いたのですが、次に行く病院は予想外の病院・・・

すっかり申請時に抜けておりました。

申請する際に記入した医療機関以外を受診する場合には、緊急・その他やむを得ない場合を除いて支給対象にならないんですよね。

今回の私の転院の場合は、緊急でもやむを得ない場合でもなく、ただの転院。
その場合は受診する前に手続きをしとけと記載されております。

せっかく申請が早く来てもまた保健所に行って手続きしないといけないのがめんどくさいですね・・・
まぁ行けばいいだけなので、時間を見て行きたいと思います。
スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook