採血結果
千葉大学医学部附属病院での最後の通院です。
ここの病院は、かれこれ新潟から関東へ移り住んでから7年の付き合いとなりました。
この7年間でクローン病と潰瘍性大腸炎が併発し、GCAPをし、プレドニン漬になり、そしてヒュミラをし寛解となりました。

この病院では担当医が1回変わったのですが、このままずっといられるかと思いきや、病院の都合上転院を余儀なくされました。
私的にはずっと検査結果を長い目で見れる同じ病院に痛かったんですけどね・・・
こればっかりはしょうがないです。

さて、最後の問診はこのようになりました。
報告内容
  • 1日1~2回で腹痛は多少あるがいつもと変わらない状態であり、便は普通便です
  • 後は変わらず
採血結果
  • CRP:0.0 前回より-0.1
  • WBC:6.4 前回より-1.2
  • HGB:14.3 前回より+0.5
  • GPT:19 前回より+3
  • 採血履歴はこちら
医師の所見
  • 採血結果は問題なし
  • 転院先の病院でもお元気で
今後の治療方針
  • 転院先の病院に行く際は、事前に電話して担当医の確認などしたほうが良いでしょう

紹介状

もちろん転院をするにあたり紹介状を書いていただかなければ紹介状無しということで転院先では苦労することになります。
具体的に言ってしまえば
  • 再検査(内視鏡含む)
  • 紹介状無しの費用
  • 受け入れ拒否
  • etc

なので紹介状を書いてもらうのが必須。
今回は、費用が発生しませんでした。
病院都合だったからなのでしょうか?

さて、いただいた紹介状は、文章とCD-ROMでした。

紹介状のCD-ROM

画像を見てお気づきだとは思うのですが、きちんと封がしております。
開けちゃだめってことですね・・・

個人的に自分の情報だからみてもいいじゃん!って思うのですが、これをあけたばっかりに転院先に拒否されても困るので開けはしませんが・・・

激しく興味がありますね(笑)
脇からそっと開けれそうですし
ただ、どうせ転院先でもシステム的にはこのCD-ROMから全てのデータを吸い上げる仕組みなんて無いんでしょうから初回見た後捨てられそうですね。

ちなみに転院先は順天堂大学医学部附属浦安病院に決めました。

ここもまた大きな病院ですし、IBDの実績も申し分ありません。
以前の担当医の知り合いが勤めているというのも、ある程度医師のレベルが保証されているので、それが一番の決め手かもしれません。

さて、次回は新しい病院。
タイミングをみて通院したいと思います。
スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook