にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
FC2Blog Ranking
クローン病 ブログランキングへ

レントゲン
前回の通院の時に、夜中の下痢が止まらない状況であったので、今回の通院は胸部と腹部のレントゲンを撮ることになりました。
胸部のレントゲンは、ヒュミラを使用しているので結核のチェックに利用します。

腹部のレントゲンは、狭窄や癒着を診るためです。
私の場合、手術をしているので下痢になる原因として癒着及び狭窄の可能性が考えられます。

今回はその結果について記載したいと思います。

entry_img_1079.jpg
最近になり温度の変化が激しかったせいか、仕事が忙しくなってストレスを感じているせいかわかりませんが、地味に悪化している気がします。
症状としては、クローン病の方ではあるあるの比較的軽い症状ではあるとは思いますが、地味に続くと辛いといったものです。

前回の問診のときに採血予約をしなかったので、今回は早く行って当日の採血依頼を実施し問診へ向かいました。
その結果はこちらです。

entry_img_1078.jpg
最近は安定(CRP0.1以下)しているため、採血の間隔を1ヶ月に1回から2ヶ月に1回へと変更しました。
今回は丁度採血時と急性扁桃炎にかかった時期が同じだったので採血結果がどのようになるかな?って思っていたのですが、治りかけだったため思っていたほど上昇はしなかったのですが、それでも少し上がっていたので驚きでした。

クローン病の悪化の指標として採血のCRPが有名なのですが、CRPは炎症反応を計る数値なので、何もクローン病に限ってCRPが上がるのではなく、風邪などやストレスでもあがります。

今回の採血結果と問診結果以下のようになりました。

点滴
最近はずっと風邪を引かなかったのですが、久しぶりに風邪?というか喉がやられてしまいました。

5月の始めは季節の変わり目のせいか温度差が激しかったのと、いろいろ忙しく十分な睡眠が取れなかったのが原因で喉の痛みのみという急性扁桃炎にかかってしまいました。

最初は、大したことないだろうと思い、直ぐに医者に行き抗生物質を処方してもらいました。
しかし、抗生物質はクローン病にとっては下痢を誘発する薬…

飲み方には十分注意しなければなりません。

今回は念には念をと抗生物質に強いビオフェルミンRを処方してもらい満を持してゴールデンウィークを向かえたのは良かったのですが…

胃カメラ
過去胃カメラを受けてから早くも7年位になります。
クローン病に胃カメラ?って思うかもしれませんが、クローン病は口からお尻まで病変発生する難病です。
基本的には小腸から大腸にかけて病変は出やすいのですが、小腸より上の臓器にもちろん病変は発生します。

私の場合は、初期症状であった口内炎ですね。

クローン病が確定されるまでの治療を何もしていない時には喉に無数の口内炎が出来ていました。

口の中は口を開けて鏡を見れば検査せずともわかるのですが、胃から十二指腸にかけては検査する以外わかりません。

今回は、会社の定期検診でバリウム検査を受けられなかったことから、転院したついでに検査記録を残そうかと思い、調べてきました。
スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook