にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
FC2Blog Ranking
クローン病 ブログランキングへ

採血
ここ最近は冬のせいか体調が思わしくありません。
便秘になったと思ったら下痢が続いたりと浮き沈みが激しいのが悩みです。

下痢だけならまだしも下痢の時は必ず腹痛もおまけにやってくるため地味に生活がキツイんですよね。
動けないしトイレの不安があったりと…

特に朝方の通勤ラッシュの際は毎回冷や汗をかきながら会社に通っております。
出勤時間の1時間は地獄の苦しみです。

関東の通勤ラッシュは皆様ご存知の通り酷い缶詰状態です。
そして頻繁にトラブルで止まります。

パニック障害ではありませんが、この止まるという行為が物凄く下痢持ちにとって辛いんですよね…
冷や汗もかくし、次の駅に止まって急いでトイレに行っても必ず起きる長蛇のトイレの列。

なので、これ以上悪化しないためにも毎回の採血による定期検診は欠かせないのです。
悪化していたら直ぐにヒュミラの倍量投与という方針で今はやっているので。

さて、毎回採血を行うのですが、年々止血テープが変わってきているなぁってふと思いました。

病院により多少違いはあるかと思うのですが、昔は5分抑えてください~って言われガーゼで抑える位でした。
5分抑えるのって荷物を持っている時に結構大変なんですよね…

そこで縛ってくださいって言うと、包帯をまかれたり止血テープでグルグルに巻かれたりします。
血を止めるとは言えこのテープ結構痛いんですよね(笑)

今の病院の止血テープは包帯で結ばない簡単にクルって回してくっつくタイプの包帯です。

止血テープ

結び目が無くて良いじゃん!って思ってそのまま放置し、剥がしてみたら内出血していました^^;
普通に包帯を巻いてもらった方が一番安心出来て良いですね。

さて、今回の問診結果です。

火傷
この時期になると必ずと言ってもよいほどクローン病が悪化してしまいます。
悪化といってもCRPが高くなったり下血したりするのではなく、単純な下痢です。

クローン病においてこの下痢が日々のQOLを下げている原因なわけですが、下痢が悪化すれば腹痛もそれに伴い発生しますし、どこへ行くのも常にトイレを意識してしまい耐え難い苦痛となるわけです。

そんな私ですがいつもの問診の際に最近下痢になるんですよ~って相談したら担当医がホッカイロより腹巻きの方が良いよと教えていただきました。

それは腹巻きです!



ホッカイロをお腹に貼るとどうしても低温やけどの可能性が出てきます。
何を隠そう私も低温やけどをしてしまった1人。

この火傷の後は結構頑固でなかなか治りませんので注意しなければなりません。


しかし、腹巻きは火傷の心配物無く、見栄えさえ克服すればコストパフォーマンス抜群の代物。
お腹全体的に温めることが出来るので良いそうですよ!

さて、今回の問診記録です。

diabetes
今回の通院は、採血後の10時から問診でした。
いつも通りに8時頃に病院へ行き、採血後待つこと・・・

3時間^^;

11時の時点でまだ9時の問診って1人に対してどんだけ時間かかっているんだろ?って思うくらいに待たされました。
大学病院とは言え、ここまで待たされるのも今通っている病院ぐらいなもんですね…

採血の検査結果がなかなか出ないならまだしも、普通に3時間も変わらない待ち時間を見て座っていると疲れてきます。

さて、ようやく呼ばれたのが11:30分。

前回の通院で大腸内視鏡検査を受けたのですが、眠たくなる薬を使ったため検査結果をあまりよく聞けなかったので詳しく聞くことにしました。

モビプレップ
最近浮き沈みな私の体調も夏場を超えて安定してきたような気がします。
安定というのは、便の回数と硬さのことです。

CRPはここ数年ずっと0.1以下が続いているためおそらくでありますがクローン病は悪化していないと思われます。
しかし、実際に大腸内視鏡検査をし実際に診てもらわない限り安心はできないのが私であります。

大腸内視鏡検査は、100%安心でもないですしリスクとして一番に挙げれるのは内視鏡により大腸が貫通し即手術に繋がるパターンであります。

しかし、可能性としてはあるわけですが確率としては非常に低いと言われているため検査自体は辛いですが出来ることなら1年に1回は行ったほうが良い検査です。

病院を転院をし、少しバタバタしていたため、先送りにしていた検査を次回にやることが決定しました!

まずは問診記録から御覧ください。

採血結果
今年の夏は例年以上に猛暑ですね…
最近は少しだけ涼しくなりましたが、また直ぐに30度以上の日々が続くことでしょう。

そんな私の体調はやや改善傾向に。

この時期は、何故か基本下痢が続くのでありましたが至って平穏に過ごせています。
しかしながら、体重は全然増える傾向がありません。


原因は、いくつか考えたのでありますが、よく分かりません。

そこで、通院の時に担当医にクローン病でもどうやったら太れるか聞いてみました。
スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook