特定医療費(指定難病)受給者証
先日の通院で担当医に特定疾患医療受給者証が届いたか聞いてみたら、ほとんどの人が届いているとのこと。
それを聞いて焦りましたね…
ヒュミラやエレンタールを使っている患者さんは間違いなく一度申請が通っているのなら継続できる!と担当医から言われていたのですが、どうも疑心暗鬼で…

というのもヒュミラを投薬しているのは何もクローン病や潰瘍性大腸炎であるIBD患者だけではありません。
他にも関節リウマチを患っている患者の方は指定難病該当外で実費精算となっております。
一部では、不公平と言われているので現在指定難病に該当しているクローン病も厳しく審査せざる終えない状況と言えます。

他に届いていない理由としては、自治体がお金を持っているかどうかによるとのこと。
お金持ちの自治体は審査が甘いですし、逆にお金が無い自治体は審査がシビアになることは容易に想像が出来ます。

それを聞くと尚更不安になり、平成29年の受給者証の期限が12月末で切れるため、なるべく期限切れの後に受給者証が来ても良いように今回は通院期間を1周間伸ばしたほどでした。

尚、皆さんの状況的にも一緒みたいです。

ようやく届く

大丈夫かな~って思っていると、ポストにようやく保健所から書類が届いてました。
提出日が平成29年の8月上旬に行ったので比較的早い方だったと思います。

今回は、任意でチェックを行える「高額かつ長期」で申請したのですが、無事に受理されたみたいです。
取り敢えずホッとしております。

年末にかけて続々と発送されているみたいなので、まだ届いていない慌てずに今しばらく待ってみてはどうでしょうか。

終わりに

今回は無事に受理されましたが次回はどうなるか分かりません。
私達患者としても薬は無料で貰っているわけではなく、皆さんの力添えで助けてもらっているものなので、余った薬は処分するのではなく、次回の処方で減らすなりして大切に使って欲しいですね!

エレンタールの転売なんて絶対に駄目です!
スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook