entry_img_1078.jpg
最近は安定(CRP0.1以下)しているため、採血の間隔を1ヶ月に1回から2ヶ月に1回へと変更しました。
今回は丁度採血時と急性扁桃炎にかかった時期が同じだったので採血結果がどのようになるかな?って思っていたのですが、治りかけだったため思っていたほど上昇はしなかったのですが、それでも少し上がっていたので驚きでした。

クローン病の悪化の指標として採血のCRPが有名なのですが、CRPは炎症反応を計る数値なので、何もクローン病に限ってCRPが上がるのではなく、風邪などやストレスでもあがります。

今回の採血結果と問診結果以下のようになりました。

問診内容

報告内容
  • 下痢の回数は1日2回くらいです。
  • 7日前に急性扁桃炎になって熱が38度まであがったので抗生物質「セフジトレンピボキシル錠100mg」を処方してもらい今は若干の痛みがあるくらいである。
採血結果
  • CRP:0.3
  • WBC:68
  • Hgb:13.4
医師の所見
  • CRPが0.3だし、他の数値も問題ないので急性扁桃炎の影響でしょう
  • クローン病の悪化で扁桃腺が腫れる場合もあるが、そこまで扁桃腺が大きくないので問題ないでしょう。
今後の治療方針
  • 取り敢えずはこのまま行きましょう

まとめ

CRPが0.1以上になるのは1年以上無かったので珍しかったのですが、毎回定期的に採血受けており尚且原因もわかっていれば一喜一憂することなく過ごせるので定期健診は大事だなぁと改めて思いました。
スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook