entry_img_1086.jpg
今年も健康診断の季節がやってきました。
毎年、会社で受けさせられている健康診断でありますが、健常者の皆さんが毎回嫌々行っているバリウムは、いつもどおりにキャンセルしているので健康診断自体は普通の人より速く終わります。

それは例年のことなので特に違和感もないのですが、問診票を記載していると少し変わったことが…

より細かくなった問診票

今までは問診票の中身も「タバコ吸ってますか?」「高血圧ですか?」みたいな一般的なものがあり、既往歴・治療歴のところには「大腸がん」「糖尿病」などがあり、ぐるっとまとめて「その他消化器系疾患」という項目がありました。

私はクローン病なので毎年その項目にチェックを入れていたのですが、今年は以下のようになっておりました。

問診票

クローン病から潰瘍性大腸炎、そして大腸ポリープ?まで細かく細分化されております。

これは、既往歴を細分化して情報を吸い上げ予防につなげようという意図なのか、それともクローン病みたいな腸疾患の患者が増えてきたせいなのか分かりませんが、細かくなることによりきちんと病気を会社へ伝えてないとこのタイミングで発覚ということになりそうだなぁっと思いました。

まぁそれによってどうなるか?といった大抵の場合どうもなることもないのですが、余計な事を考えないでいいように私的には会社へは伝えたほうが良いのかなと思っております。
スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook