entry_img_1089.jpg
毎年年末頃になると次年度の特定疾患の受給者証の届きをまだかまだかと待ちわびる毎日を送っていたのですが、今年は例年より1ヶ月早く届きました!

クローン病に認定された方は、自己負担限度額の変更がある方もいるかと思いますが基本的には更新申請が通らないということはないと言われております(噂ですが)。

よって、仮にも受給者証の届きが遅く次年度に跨ってしまったとしても後で返金されるので特に心配ないとされております。
また、受給者証が届いていないことを医療機関に伝えるとある程度の期間は融通が効くとも聞いておりますので、安心しても良いみたいです。

そんな受給者証ですが、千葉県では様式が変わったみたいです。
変更内容は…
  1. チーバくんが表示から外れる
  2. 三つ折りから二つ折りになる
  3. 指定医療機関名の欄が消える

全体的に医療機関の方が確認しやすいようにスッキリとした感じになっております。

個人的には千葉が全面で押しているチーバくんの存在が小さくなったのが残念ですね…

この指定難病制度が終わってしまったら私達クローン病患者の生活は大変厳しいものとなるので、2020年も医療制度を感謝しつつありがたく使わせていただきたいと思います。

| クローン病の日記 | comments(0) | trackback(0)
 【タグ】:クローン病 
スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

Facebook