にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
FC2Blog Ranking
クローン病 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

モビプレップ配合内用剤
今日は嫌で嫌でたまらない大腸内視鏡検査の日です。
大腸内視鏡検査は、特定疾患を更新する上で必要な検査であり、採血では解らない腸内を見ることが出来、治療にも役立ちます。基本は1年に一回が推奨されているみたいです。

さて、今まで大腸内視鏡を行う為に事前処置として、ニフレックを飲んでいたのですが、今回から新しい腸管洗浄液「モビプレップ配合内用剤」を飲んで検査に挑みました。

モビプレップ配合

内服の腸管洗浄剤であり、水様便を排泄することによって腸管の内容物の排除・洗浄効果を示します。
通常、大腸内視鏡検査および大腸手術時の前処置における腸管内用物の排除に用いられます。

情報元: 【モビプレップ配合内用剤】効果と副作用(味の素製薬株式会社) - QLifeお薬検索

飲み方

基本は、ニフレックと一緒で、2リットルの水に溶かし、180mlを10分から15分かけて飲み、1リットル飲んだら飲んだ量の半分のお茶か水を飲み、その時点で綺麗になってたら事前処置は終了です。
綺麗にならなかったら余った1リットルを飲みます。

感想

味はさっぱり梅味です。エレンタールの梅フレーバーと似た味をしています。
ニフレックより個人的には飲みやすくグビグビと飲め、1リットルで腸管が綺麗になるので、ニフレックより全然いいですね!
飲んだ直後は1時間位下剤の効果が聞いているので下剤が出ますので注意が必要です。

【追記:2016年11月11日】
尚、3年連続でモビプレップで腸内洗浄を行っています。
今後の主流はニフレックではなく、やはりモビプレップなんでしょうね。

参考資料





アクセスランキングに参加中です
ブログランキング・にほんブログ村へ

私はクローン病になって初めて大腸内視鏡検査を受けました。
発症した年齢が18歳。

そりゃ普通に健康に過ごしていたのなら、大腸内視鏡検査なんて無縁ですから。。。
今なら直ぐにでも答えられる検査も、当時の私は、

私「大腸内視鏡?それはなんぞや・・・?」

そんな感じでした。

やってみると泣きそうな位に痛い・・・!
でもそれ以上に衝撃な事実が発覚しました・・・

ダブルバルーン小腸内視鏡~検査結果編~の続きです。

ダブルバルーン小腸内視鏡~検査編~の続きです。

ダブルバルーン内視鏡は、基本2回診ます。

1回目は、腸の中を進んでいるときに、2回目は進み終わったら抜くまで徐々に戻りつつ病変がないかどうかチェックします。

2回目で、モニターを患者と見ながら同時に説明を受けるわけです。

この瞬間が一番緊張しますよね・・・

今回の検査結果は、

事前処理編の続きです。

今回使った薬は痛み止め2本とブスコパンでした。

スポンサードリンク

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

人気ページランキング

ブログパーツ

Facebook